特集コラム
2021/01/08

「JAL客室乗務員に聞きたいこと」を聞いてみた

5
543 views
クリップ

「JAL運航乗務員への質問募集」記事で大変ご好評をいただいたことから、第2弾としてJAL客室乗務員への質問をJAL Facebookページにて募集しました。今回はその質問のなかから、客室乗務員の土井さんによる回答をご紹介します!

資格取得後も、学びの連続

ーー乗務する機種はその資格を取得しないと乗務できないと聞いたことがありますが、具体的にどのような勉強をされるのか教えてください。

土井:乗務する機種は、それぞれ資格を取得するための訓練と試験があります。それぞれの機種特有の非常時の対応やドアの開閉方法など安全に関する内容を学び、モックアップという訓練所の中で実寸大の模型を用いて訓練を行います。資格を取得した後も、年に一度、緊急時の対応や非常脱出の訓練を受けます。

そのほか乗務に役立つために取得している資格として、ソムリエ、チーズ検定、TOEIC、手話検定などがあげられます。お客さまにお食事やワインをお楽しみいただけるよう、そして海外からいらっしゃるお客さまにも同様にJALのサービスを楽しんでいただけるよう、日々精進しています。

上空からの景色に魅了

ーー乗務する際に大好きな路線はどこですか?

土井:ハワイ島コナです!初めて乗務で訪れた際に、上空から見えた壮大な自然に目を奪われ、瞬く間にハワイ島の魅力に引き込まれていきました。

ハワイ島の歴史やさまざまな気候が共存しているからこその「自然の表情の移り変わり」をさらに知りたいという思いからプライベートでも何度も訪れ、そのたびに自然からエネルギーをもらっています。

乗務には健康管理が第一

ーー客室乗務員の皆さんは、どうやって筋力をつけているのでしょうか?体力のつけ方や健康法も伺いたいです。

土井:健康維持や筋力をつけるために、ジムやヨガに通っている客室乗務員も多くいます。私はあまり運動が得意ではないので、お風呂あがりのストレッチに加え、リフレッシュもかねて休日にお散歩をするなどを意識して行っています。

乗務前には客室乗務員全員で1分間の体操を行い、ケガをしないように心掛けています。今後も健康管理・ケガの防止に努めてまいります。

乗務前の「アイスブレイク」が大切

ーー毎回異なるメンバーで業務にあたるかと思いますが、そのときのメンバーとどのようにチームビルドをされますか?

土井:私は「〇〇さん、ありがとう」という感謝の言葉、そして笑顔とアイコンタクトを心がけ、何でも話しやすい雰囲気作りを目指しています。

初めて一緒に乗務するメンバー同士だからこそ、笑顔でしっかりと目を見ながら、最初は「今日はよく眠れましたか?」や「朝ごはんはしっかりと食べられましたか?」など業務外の話題から業務の話へと、徐々にアイスブレイクを行っています。フライト中には、ギャレー(機内のキッチン)担当の乗務員には「〇〇さん、ギャレーの準備をありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしています。このように良い雰囲気を作りあげていくことで、お客さまのご様子やご体調などの情報も共有しやすくなり、結果お客さまに安全でより良いサービスのご提供へとつなげることができると考えています。初対面のメンバーであってもお客さまにご満足いただけるよう、一つのフライトを一つのチームとして作りあげていくという思いは変わりません。

100点満点の正解はない

ーー乗務しているなかでどんなときが楽しいと感じ、そしてどんなときが一番大変に思いますか?またお仕事のモチベーションは何でしょうか?

土井:「サービスには100点満点の正解はない」ということが一番大変でもあり、楽しい点でもあるのかと思います。さまざまなお客さまがいらっしゃるからこそ、お一人お一人に合ったサービスや対応が求められます。お客さまの心や背景に寄り添って対応させていただいた結果、ご満足いただけた際にやりがいを感じます。だからこそ、お客さまからの「ありがとう」というお言葉や笑顔が私にとって最大のご褒美であり、モチベーションとなっています。より多くのお客さまにご満足いただけるよう、さらに人間力・対応力を磨いてまいります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回は客室乗務員に寄せられた質問の回答をご紹介しました。
これからもJALグループ社員の仕事の裏側をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

55件の「いいね!」がありました。
55件の「いいね!」がありました。
5件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 初めて飛行機に乗ったのは1975年8月、千歳空港から羽田空港までのJAL522便ジャンボSRでした✈️ 引退目前のSLを撮りに行かせてもらった夏の北海道、台風が二つ続けて上陸し北海道内の国鉄線が全線不通に。帰る手立てを失い途方にくれた僕等に救いの手を差し伸べてくれたのがJALでした。母が何度も羽田空港に行き、カウンターの方に頼んで朝一便のCAの方に航空券を渡し千歳空港まで届けていただきました。が…千歳空港は飛行機で帰ろうとする人で溢れ全便満席で簡単には乗れません。空席待ちで一日中空港で待ち続けました。今日はもう無理かな?と諦めかけたその時、空席待ちの番号が呼ばれた!嬉しかったなぁ🥰晩御飯としく買い込んでいたお弁当を持ってドキドキしながらの初搭乗です。真ん中の席で外は見れなかったけど、飛び上がったのは分かりました。離陸の緊張感はこの時以来大好きです。満席の機内は明るい照明に切り替えられ、飲み物サービスが始まりました🥤サービスされたオレンジジュースでお弁当を食べ始めたその時、サッとお茶🍵が目の前に!驚いて顔を上げるとニッコリ微笑んだCAさんが…小汚い高校生には天使の微笑みでした👍それ以来、大の飛行機ファン・JALファンになりました😊本当にありがとうございました🤗ほんの小さな心配りが最高の真心のこもったサービスになるのですね、今でもあの感激は忘れられません😉僕の最初のフライトは素晴らしいホスピタリティで彩られています✌️
  • おもしろかったです!!

    初対面のスタッフと共に、初対面の客と向き合う…想像つきません。

    『100点満点の正解がない』分、『100万点』も生み出せる気がいたします。私にはよく分かりませんが、そうした100万点を享受されているのが、こちらのサイトのアクティブ・メンバーな気がいたします。

    楽しいレポートありがとうございます。
  • JALが好きです。2020年にJMBダイヤモンドになりました。これからも、JALさんを利用して旅行に行きます😉
  • とても参考になります😊👍
  • 日々勉強ですね😁
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる