発見レポ
新北市汐止區食養山房
1件
05月24日 00:16
昨年のGWは、珍しく友人との二人旅。 一人ではできないことがしたくて、わがままを聞いてもらいました。 台湾の超すごいレストラン「食養山房」。 CREAに載っていたのを見てずっと憧れていたのだけど、一人では予約ができないのと、そもそも予約が全然取れない(しかも電話でしか受け付けてくれない)。 今回のチャンスを逃したらもう行けないかもしれない。 必死で国際電話を掛け、下手くそな英語でなんとか予約を入れた。 せっかくだから茶室体験もつけた。 「食養山房」は予約を入れるのも大変だけど、実際に向かうのも大変。なぜならばものすごい山奥にあるから。 台北市内から車で1時間半くらいかけて延々山道を登っていく。 行きも怖いけど帰りはどうするんだろう。 店でタクシー呼んでもらうしかないけど、大丈夫かな… 駐車場でおろしてもらったはいいけど、入口がわからない。 (写真三枚目。さて、入口はどこでしょう?) 電話をして聞いてみたけど、なんか要領を得ない。 無理を言って途中まで迎えにきてもらってなんとか入店。 まずは茶室に案内してもらって、茶室からの眺めを堪能。 水墨画のような風景が広がる。 これはいろんな季節で見てみたい。 桜の頃や紅葉の頃、あと冬はきっとこんなに山奥なのだから雪も降るだろう。どの季節もすごそうだ。 中国茶を2種類淹れてもらう。(一枚目、二枚目) このお茶を淹れてくれる人も中医学の先生だったりして、なんだかすごい。 茶室に案内してくれた人が漢方の相談もできますよ、と言っていた。 お茶を飲んだ後はいよいよディナー。 コースは一種類だけ。 内容はその時その時で変わるらしい。 旬のもの、その日の仕入れで変えているのだと思う。 どれも美味しいだけではなく、見た目も楽しめる。 何料理とも言い難いけど、ものすごく体に良さそうな感じがする。 それにしてもはちゃめちゃに美味しい。なんだこれは。 量は少なくも多くも感じる不思議な量。 でも胃もたれだとかそういうのは一切ない。 「なんか、健康になった気がする」 私もそう思う。 いつかまた、食べに行ける日が来るといいのだけど。 でもなぁ…予約のハードルが高いんだよなぁ…苦笑 #グルメ #旅を夢見て #ささやかな楽しみ
いいね 行ってみたい 行った
コメント
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる