ハッシュタグ
<
#格納庫見学
36件
JALトークに投稿しました
02月12日 21:06
今年最初の羽田格納庫見学 その2
班分けされて動き出したが、第一格納庫に入ると、1人のガイドさんがやってきて、 すみません!!割り算間違ってしまいました!! こちらは6人しかいません!!どなたか2名の 様!!こちらに入っていただけませんか!?と。 俺が行く!!私が行く!!僕が!!私が!!! じゃあ、私が行きます!! どうぞどうぞどうぞ!!!という、ダチョウ倶楽部的なやりとりはなかったですが、私ともう1人が移籍!!😅。格納庫見学人生の中で初めての移籍!!でした。 しかし、少数なので内容も濃いです。 そして、撮ってもいいですが、アップしないでくださいと言われた機材は、先月まで活躍していたBoeing777-200。JA8977です。これはBoeing777-289。かつてはレインボー機としてJASで活躍していました。Boeing777-200の中では初期に投入されていたベテランでした。 先月下旬にラストフライトを終えて、ここで、鶴丸やロゴマークを剥がされて、ホワイト機になり、売却先へのフライトに向けての整備中。 よく考えたら、これって去年のラストフライト、JL133便で私、乗ってます。去年、何度か乗ってるんですよね。だから意外と馴染みのある機材。だから寂しいですね・・・。 航空機の運用可能年数は約40年。 しかし、メンテナンスなどの維持にはコストがかかり、維持費で赤字が出始める23〜25年になると、売却手続きを行うそうです。多くの777が機齢25年を迎えるタイミングでA350を導入したとのことです。多くのA350が入ると同時に今まで活躍してきた777が退役してゆきます。 777、今のうちに乗っておかないとな・・と心に誓い、見学は終了しました。次はいつ行こうかな・・😆。 #格納庫見学 #羽田空港
いいね! 役にたった 知らなかった
4 コメント
発見レポに投稿しました
12月28日 19:47
2019年の思い出。Discova会員限定!格納庫見学ツアー「 A350」の見学に参加したこと。 Discovaに登録したばかりで、よくわからないけど楽しそう!と感じて、友人を誘って応募。 彼女は以前、食品会社のプレミアムな工場見学に当選し、同行者として私を誘ってくれた人。 ラッキーガールにあやかりたい(^^) その効果か、見事当選! そして、当日会場に行くと、応募者多数の高い倍率で、遠方からの参加者もいるとのこと。 なんと! こんな特別なイベントだったのね! 軽い気持ちで応募して当選しちゃってごめんなさい。 これはちゃんとレポしなくては!と妙な使命感にかられ(?!)、 私なりの発見!を、たくさんレポした次第です。 内容は単なるミーハーですみません このイベントでの特別感に魅了され、すっかりDiscovaファンに! 飛行機ファンも、JALファンも、旅好きも、どんな人も参加できる場がうれしいです。 2019年の印象的な出来事、Discovaとの出会いです。 たくさんの発見!をして、私の世界が広がりました。 ありがとう!Discova!! 写真: ・A350の奥に椅子が並び、赤い絨毯の上に座席の見本。 ・友人と見本の座席に座って。楽しすぎる! ・機内の窓から。スタッフの方は赤いA350シャツ ・通路に敷かれた赤い絨毯!この特別感! ・帰りは蒲田で名物の羽根付き餃子のランチ #A350 #Discova会員限定 #イベント #格納庫見学 #工場見学 #発見レポ  #2019年の思い出 #来年の抱負 #赤組 #旅写真 #jaldiscova
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
JALトークに投稿しました
12月09日 21:46
12/9 2週連続でJAL格納庫見学に行ってきた!!
先週に続き、JALメンテナンスセンターの #格納庫見学 にやってきた。先週はBoeing777-300ERが2機もドックに入るという幸運に恵まれたが、今日はフェリーされてきたBoeing787-8、JA848Jがいるとのがいどさんの情報で、すごくテンションが上がった!! 参加は30名。老若男女が揃った面々だが、こちらは座った場所的に大人メンバーが多いグループに。 ストラップは紺色。先週は白だった。隣の部屋でJALのとある部署の社員が大勢研修を受けていた。本物のCAさんもいた。恐らく講師としての参加だろう。ここのミュージアムの方々は地上係員と同じ制服だから、目立つね😍。 気温も低く、完全防備で臨んで正解だった。 格納庫内は寒い。第一格納庫には早速Boeing787-8がいた。まだまだピカピカだ。これから整備を受けたのちにデビューとなるのだな。なぜに羽田伊丹線に787-8を投入するのか?これは伊丹周辺の騒音対策でもあるそうだ。双発機の中でも特に騒音に優しい機材を伊丹線に持ってきたというのが本当のことらしい。 飛行性能は国際線と全く同じ。なのだが、実際に飛ぶ距離は本当に短い。ただ、環境に優しいのと、搭載燃料を少なくして、離陸重量を下げられるのでというメリットはあるとのこと。A350も国内線に投入するのは、運航や整備に関わるスタッフの習熟と、離陸重量やエンジンの推力を軽減できるからと聞いた。 第二格納庫ではBoeing777-200が。しかもバースデーフライトで乗ったJA771J、oneworld liveryだ。 思い入れのある機材がどうやら、エンジンの整備や、APUなどの交換をするそうだ。後ろに新品の部品が置いてあった。 先週よりも日の入りが早くて、すでに夜だった😆。 ただ着陸灯を点灯させて降りてくる様子は綺麗だった。ガイドさんもスマホにフライトレーダーを入れてるので、確認しながら説明していた😆。私も開いてサポートしていた。JA02XJのA350が通ったが、暗いのでA350のロゴが見えなかった😅。 今回も納得の見学。実は来週月曜日も空席があったが、用事があるのでパス!!皆さま、ぜひ空席を狙ってみては? #jaldiscova #
いいね! 役にたった 知らなかった
6 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる