ハッシュタグ
<
#チャーター機
652件
JALトークに投稿しました
2022/05/16 12:41
JTA 737-400ファイナルツアーの「超」本気度
737帯広チャーターの充実度合が高まることを祈り、過去の737ツアーの凄い例を振り返ります。 2019年5月26日(日)催行、JTAボーイング737-400ファイナルツアーがそれです。 申し込みは3月4日(月)。堺市在住だった現trico会員から申込日当日午前に本ツアー実施を教えられ、申し込みはその日17:00から先着順に受け付け。私はこれを最優先として17:00に申し込み。 先着順ゆえ「とにかく乗る」という強い意志を有した客が乗る、いわば旅客機趣味者純度が高いチャーター便になったかと思われます。 実際に那覇空港での受付の様子を見たら、執念・情念の漂いが感じられました。私が漂わせていたのを自身が感じただけかもしれませんが。 那覇を発って先島へ向かう途上ではトークショーがあり、軽食サービスも。 アナウンスが入って窓の外を見たら波照間空港滑走路、しかもこちらは低高度。737で波照間へ来たのか! 八重山の島々を近くに臨んで飛び、そして新石垣空港で着陸では旧空港着陸の再現。離陸も旧空港のそれを再現。 先程の八重山諸島上空はRACアイランダーの再現であり、多良間近くを低高度で飛ぶのはツインオッター、そして下地島では私の初訪沖前に飛んでいたYS-11A。 この後は宮古・久米島へ。かつての就航離島への訪問は、737-200最終日の離島発着に倣ったものでしょうか。 フライトのみならず、那覇格納庫でも目を見張るシーンが続出。こう記していたら往時の興奮が、スタッフの笑顔とともによみがえってきます。そう、ツアー・格納庫ではOBを含むJTAスタッフの方々も楽しまれているのが印象的でした。 受付開始が催行日から2ヶ月半以上前と早かったせいか、催行までの間にスタッフが「参加者はどんなことを望んでいるか」を調べていた・聞いていた節が感じられました。 フライトプラン作成者は私自身のJTA旅行史を知っていたのかと思う程、いや私のみならず他の参加者も自らのJTA・RACフライトと重ね合わせていたのではなかろうかと。 とにかく大傑作フライト。これを上回るものがこの先企画できるのかどうかと思う程で、この先はスタッフへ期待するしかありません。 同時に自身も趣味的研鑽に励み、今後もフライトを楽しめるように備えます。 #JTA #LOVE沖縄
いいね! 役にたった 知らなかった
2 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる