ハッシュタグ
<
#世界探訪
83件
発見レポに投稿しました
2021/01/13 00:01
#冬到来 #世界探訪 #一人旅 #旅写真 #jaltrico  次の目的地は昨日と今朝行けなかった「グラサ展望台」。モラエスの家から谷を挟んだ向こう側に存在する。建物の間に見え隠れしている。歩いて行ってみようという衝動にかられる。直線距離なら6~700メートル。しかし、大きな遠回りをしてしまった。ロシオ駅の方に降りてしまった。工事のためマルティン・モニス駅に降りられなかった。  グラサ展望台の上りに入ろうとする時から雨脚が強くなってきた。ここは雨のスポットかも知れない。路肩の木陰で雨宿り。道路は入り込みすんなりとは上らせてくれない。展望台に着く頃には雨も止み夕日を臨むことが出来た。明日は晴れろよ。リスボンの黄昏時を一人堪能する。 (画像1):「4月25日橋」が見える。1966年に開通した全長2277メートルの橋。上段には車。下段は鉄道専用橋となっているようだ。夕日が雲に隠れているのは残念。 (画像2):リスボンの街並みが箱庭のように見える。アルカンタラ展望台の眺めより面白い。 (画像3):マルティン・モニス駅方向の画像。 (画像4):町の至る所、ケーブルカーにまで落書きが施されている。中にはどこか芸術性の高い落書きもある。 (画像5):展望台までは急な坂が続く。スイッチバックのように道が付けられている。坂もそれなりに急い。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
2020/12/21 00:01
#冬到来 #もうすぐクリスマス #旅写真 #世界探訪 #一人旅 #jaltrico バスはフリーウエイを外れ田舎道へと入る。町並みが現れた。そこが地下都市を有する街であった。カイマクル:(画像1~4)である。地下都市の見学は他のツアーとも重ならず,ゆったりと時間をかけたものとなった。どの観光地もそうであってほしい。(途中から他のツアーと時間調整をしていた。昼ご飯が2時になった。) なぜ?地下に・・・感想はそれに尽きる。遮蔽の為の蓋さえある。地下都市を出て露店を通り抜ける。散策したい気分を押さえつつ,バスにたどり着く。  10分くらい走り奇岩をくりぬいたレストランで昼食をとる。(ここで買ったワインがワインビネガー化していた。非常にに残念。それも2本後生大事に片時も離さず日本まで運んだのに・・・後の祭りというのか?)黄昏時のカッパドキアをあっちこっちとバスは走る。本当にゆっくりバイクにでも乗って,気に入ったところで止まり,じっくり見てみたいと思った。途中の土産物売り店で「わたしもトルコで考えた」のなかに出ていた石膏作りのカッパドキアの置物を発見。交渉の結果,日本円で5個500円でゲットすることができた。50円混じりの硬貨での支払いに文句も言わず店主は受け取ったが・・・。:(画像5):中央がワインビネガー化したワインが入っていた容器。両サイドが1個100円で買ったスーベニア。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
2020/12/20 00:03
#冬到来 #もうすぐクリスマス #旅写真 #自然 #世界探訪 12月6日(火) 第4日目 イスタンブールからアンカラ・カッパドキア(アンカラエクスプレス) 7時過ぎにアンカラに着く。駅前は朝早いこともあり閑散としている。非常に寒い。駅前には流石にサッカー競技場が目を引く位置にそびえていた。三菱ふそうのバスに乗り込みカッパドキアへ向かう。早口の現地スタッフの丁寧すぎる解説を聞きながら。途中休憩場所ではカッパドキアの解説本を購入したり,日本の家族へ電話をかけたりした。 トルコの塩の75%とを産出するというエンコにも立ち寄り,その水の青さに感動を覚えた。本当に開発の手が届いていない人間と自然の共存する大地の中をフリーウエイ?が時の流れを運んでいるといった感じさえした。ずっと走り続けていたい。遠くには富士山に似た山が顔を見え隠れさせながら私を見ている。点在する家々には必ずポプラが植えられている。バスはフリーウエイを外れ田舎道へと入る。町並みが現れた。そこが地下都市を有する街であった。  (画像1):アンカラ駅構内。到着時アンカラでは凄い音のハンドベルが鳴った。 (画像2):アンカラ駅前。駅の前にはサッカースタジアム。市街地は離れていそうだ。 (画像3):アタチュルク霊廟。 (画像4):大きなエンコ。トルコの食塩を賄っている塩湖。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
2021/02/04 22:14
#おうちトラベル #世界探訪 #旅写真 #ひとり旅 #jaltrico (画像1):リスボンの空港でのトルコ航空機。 (画像2):地下鉄から空港への通路。このキャラは何なのだろう? (画像3):空港横に併設されている地下鉄。羽田より歩く距離が短いので利便性は高い。 (画像4):空港ビルに入り階段を上るとチェ句院カウンタ。 (画像5):傍らには手荷物の重さの計測ができるよう秤が設置されている。  関空まで隣り合わせたのは、打って変わってお嬢さん。家の娘くらいの年頃だろうか?最初の会話は「飛んだら直ぐ寝ます?」「飛んだら食事だと思うよ。」「歯磨きに行きたいんで。」別にその時になって声を掛けてくれれば良いのだが・・・。彼女なりに気を遣ってくれていたのであろう?気まずくなっては面白くないのでそれ以上の会話はその時しなかった。適当に食って・飲んで・寝て・見て・関空に着陸した時に声を掛けてみた。「一人旅?」今度は私から。「どこに行ってたの?」「スイスに」思いがけなく会話は弾む。旅の思い出は誰もが誰かに語りたいものなのであろう。感動が大きければ大きいほど。今私がこうしているように。 定刻30分遅れで関空着。徳島最終便のバスは満席に近い。今回は携帯の充電を切らすこともなく無事徳島駅前にて娘にピックアップしてもらった。めでたし、めでたし。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
2021/01/09 00:46
#冬到来 #世界探訪 #一人旅 #リスボン #jaltrico (画像1):サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台。  グロリア線を上り詰めると右側に展望台!が・・・。 急に日射しも差し視界も開けてきた。ここへはいずれ来るつもりでいたが、このタイミングで行き当たった。ここは消臭力のコマーシャルの舞台にもなっているらしい。 (画像2):サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台。 天気も回復?いろいろな人々がやってくる。展望台を左に降りるとサンロケ教会(天正の少年使節団滞在)更に左に降りるとカルモ教会(現在考古学博物館)朝ここまではやってきた。突然の雨。軒先で雨宿り。動きようがない。 (画像3):サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台。リスボンの象徴的な景色なのだろうか? (画像4):サンタ・ジェスタエレベーター。カルモ教会の脇が工事中。そこに人の出入りがある。雨が小降りになる。恐る恐る足を踏み入れる。どうも先につながっている。道は鉄板の回廊に変わった。右側に空中レストラン発見。前方にエレベーターらしき物発見。これか?目指していたものは! (画像5):サンタ・ジェスタエレベーター内部。到着したのはエレベーターの最上階。ぐるりとリスボンの街並みが見渡せる。更に階段で上に上がれる。1.5ユーロ必要だという。メトロの24時間券を見せてもお金が必要だとのこと。小銭が無かったせいもありエレベーターで階下に降りることにした。エッフェルの弟子の設計だそうだ。  「サンタ・ジェスタのエレベーター」。このエレベーターはメトロに対応(VIVA viagem)している。料金を払うと往復5ユーロもいるようだ。24時間券を持っている時には超お得。新たに料金を支払う必要がない。  エレベーターを降りるが25日クリスマスでもあり開いている土産屋も少なく最初の店に飛び込んだ。無愛想なネパール人が対応してくれた。絵はがきを10枚。コースターを5枚。マグネットを5個。2ユーロおまけしてくれた。こちらに来て5年というご主人だった。雨も止み、界隈をぶらつくことにする。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
2020/12/27 00:34
#冬到来 #旅写真 #一人旅 #世界探訪 #jaltrico  カイセリからイスタンブールへ。イスタンブール観光は地下宮殿・ブルーモスク・エジプシャンバザールといった具合だった。どこももう少し時間を掛けて欲しかった。 昨日投稿のトルコ紙幣がなぜ偽札なのか?不思議に思われた方もいらっしゃるのかと思われる。それは、自由行動時のエジプシャンバザールのとあるお店で判明した。Tシャツを購入しようと思い20リラを出すと「偽札」だという。お店のおじさんがマーカーペンのような物で線を引くと黄色い筋が現れた。これが偽札の証拠だという。  その店ですり替えられた可能性はあるものの,ギョメレの事件がより可能性が高いように思われる。高い買い物をしたのか?偽札をつかまされたという経験を重視するか?旅ってそんなところが面白いのかもしれない。 その店の兄ちゃんにトルコ土産のお勧めを聞き「トラディショナルスイーツ」に決めたが,あまり家族の評判は良くなかった!集合時刻に15分ばかり遅刻,偽札事件を報告。みんな納得してくれる。そんな事件にも無関係でツアーの行程は勧められる。 (画像1):ブルーモスク。ここで特筆すべき出来事を目撃してしまった。ツアー同行者のご老人(92才のお坊さん)が街の青年達にたかられようとしている。私もツアーコンダクターも腹を決めていたように思う。そこで発したお坊さんの一言。「イスタンブール イズ ビューティフル シチィ」青年達は何事も無かったかのように通り過ぎて行った。流石坊さん。トルコ人青年を諭してしまった一言である。とっさにその言葉が良く出てきたものだ。それも英語で。トルコ人の心を貫いている。 (画像2):ブルーモスク内部。大きな大きな建物である。東大寺大仏殿より大きい空間なような気がする。イスラム教寺院。 (画像3):アヤソフィア。内部には入れずじまいであった。 (画像4・5)地下宮殿。なぜここにこんなものがと言う感じ・・・である。
いいね 行ってみたい 行った
コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる