発見レポ
長野県
315件
2021/06/09 19:08
昨日紹介した万治の石仏と共に訪れていただきたい諏訪大社下社春宮です。(有名どころの方が後になってしまいましたが💦) 諏訪大社と言えばこの諏訪地域で開催される奇祭、御柱祭(おんばしらさい)が有名です。 御柱祭(おんばしらさい)は7年に一度、寅と申の年に行われる神事で来年の令和4年が開催年となります。1,200年以上も受け継がれ諏訪の伝統文化となっております。 正式名称は「式年造営御柱大祭」といい宝殿の造り替え、また社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる樹齢200年程の樅(もみ)の巨木を曳建てる諏訪大社では最大の神事です。 2枚目の写真の左側に建っているのが前回の御柱祭で建てたもみの巨木(御柱)です。 山から街中を通り神社まで曳き、途中坂からこの木を滑り落としたり、川を渡ったり、建ててみたりと、とにかく変わったお祭りです。 私もこの地域で育ったので、子供の頃はほぼ強制参加でした。 このお祭りの為に学校や会社がお休みになったり、この為の「御柱貯金💴」なるものもあります。(それくらいこのお祭りに大金をかけている人達もいます) 来年開催年ですが、無事に開催されますように! #諏訪大社 #御柱祭 #奇祭 #長野県 #旅写真
いいね 行ってみたい 行った
コメント
2021/06/08 19:07
このコロンとした姿の変わった仏像は長野県下諏訪町にある『万治(マンジ)の石仏』🗿です。 独特な形をしていて一度見たら忘れない石仏です。胸部に描かれた逆卍(ぎゃくまんじ)や雷、月や太陽などの記号がミステリアスで、芸術家の岡本太郎氏も「こんなに面白いものは見たことない」と絶賛したそうです。 伝説によると諏訪大社下社(春宮)石の大鳥居を作る時この石を材料にしようとノミを入れたところ傷口から血が流れ出したので石工達は恐れをなし仕事をやめた。その夜石工の夢枕に上原山に良い石材があると告げられ良材を見つけることが出来、大鳥居は完成した。石工達はあらためてこの不思議な石に阿弥陀様を刻み、霊を納めながら建立したのがこの石仏だと伝えられています。 万治の石仏はその名の通り「万(ヨロズ)のことが治(オサマル)」万治を「ばんじ」と読み物事をばんじまるく治めて願いをきいてくれるありがたい石仏として広く人々の信仰を集めています。 🙏お参りの仕方も独特で 1.正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」と心で念じる 2.願い事を心で唱えながら石仏の周りを時計回りに三周する 3.正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する このお参りの仕方を提唱されておりました。 諏訪大社下社春宮から歩いて5分位の田んぼの中にドンっと鎮座しています。 諏訪大社下社春宮のお参りと共に行かれるのがオススメです。ただし#雨の時には舗装されていない所もあるので足元に気をつけてくださいね🐾☔️ #万治の石仏 #下諏訪町 #長野県 #諏訪大社下社 #旅写真 #雨の時には
いいね 行ってみたい 行った
4 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる