プロフィール
ブロンズメンバー
Wandava56
自粛による数十フライト分のキャンセルの影響で今年はフライトゼロ。来年度からはステイタス無しの平会員の予定。他の方と違い上級会員やメンバーでもなければステイタスも無くなり、ウケるような旅行ネタを提供する事ができません。 よって私をフォローしても全くメリットはないと思われます。 なかなか即レス(いいね)をする事が出来ない事がありご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。
獲得バッジ:6
アクティビティ
約3日前
2021/10/06
JALトークに投稿しました
2021/10/06 20:24
#わたしとJAL
70周年おめでとうございます。YouTubeの記念動画を拝見しました。 飛行機に全く縁のない場所に生まれ育った私からすると飛行機に乗ること自体が人生を左右するような一大イベントであり、一生乗ることはないのだろう感じながら日々を過ごしていました。 給料がかなり少なかった中でも縁あって飛行機を利用する機会があり、その時はお買い得感が強かった某社レインボーセブンの虹色席利用が主でした。その後その会社が無くなり虹色席が無くなる絶望感に打ちひしがれていたところをJALがクラスJとして同様の提供をしていただいたのが、私とJALの始まりでした。 初めてのJAL搭乗は羽田↔鹿児島で、当時Jリーグを目指す某クラブの応援で利用しました。 それからは年に数回程度の割合で利用し続けたのちJMB加入、都合で数年間乗らないブランクがあったりしましたが、おかげで飛行機が身近に感じて好きになりました。 思い出深いフライトはいくつかあるのですが、中でも2019年3月9日JAL920便(那覇→羽田)の搭乗は特に思い出深く、この便の機材が羽田から来る便の折り返しなので、羽田をいつまで経っても出発できない情報を知った際、欠航で場合によっては那覇空港の外で野宿も覚悟していたのですが、機材を修理して2時間遅れで那覇に来てくれた時の感謝・感動と、那覇空港でのグランドスタッフさんの説明や対応の丁寧さ、機内では日付けが変わってるのに疲れた様子も見せずいつも通りのサービスをしてくれたCAさん、離陸時に機内モニターに映し出されたキレイな星空、到着後のスタッフさんお出迎えなど非日常的の中に驚きの連続で、交通機関も終わっていたため代わりに手配してくれたタクシーのお陰で無事に宿に戻る事が出来てJALを利用して良かったです。 今はコロナの影響で空港まで行けるのに乗れない悔しさと、自粛に伴うキャンセルを繰り返すうちに搭乗や旅行に対する気持ちが折れそうで機会が減っていますが、またいつか搭乗したいと思います。 #わたしとJAL
いいね! 役にたった 知らなかった
2 コメント
2021/10/01
2021/09/29
2021/09/18
2021/09/11
2021/07/17
2021/07/11
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる