発見レポ
バルセロナ
33件
#いい家族旅行の日 #行きたいところ #バルセロナ #旅写真 #空さんぽ #飛行機好き 帰国。一路カタールのドーハへ。見残した映画の続きを見る。(今では古い映画となってしまっている。)織田裕二と黒木メイサの出ている映画でバルセロナの領事館が出てくるが、本物の領事館は大きな近代的なビルの中にあり、映画は嘘っぱちであることが判明した。あの形がさもというイメージが沸きやすいのであろう?訪れたことのない者にとっては分からない事である。  機内食はサンドイッチとディナー。来た時(朝食とサンドイッチ)と逆である。ドーハでは乗り継ぎの時間が余り無い。来るときにチェックしておいたお土産を3に人でスムーズに購入した。関空到着は予定通り。スタバでお茶を飲みベイシャトルを利用して神戸空港へ。 値上げでおまけに往復割引もなくなっていた。現在は連絡橋衝突事故から需要が増え運賃も抑えられ、往復割引も復活している。旅行会社のクーポンも付いていたりなんかする。関空まで運転していくよりとても楽である。利用の利便性を叫びたい。駐車料金ただ。利用者が増えれば料金ももっと下がるだろう。3人利用なら空港バスを利用するより割安になる。  かつて、関空の建設予定地として神戸空港があがっていた。その時地元人は反対し、後になって神戸空港を建設している。この地に関空があれば徳島県人の利便性はもっと上がっていたのに。残念だ。 (画像1):バルセロナ国際空港。日本でいうなら関空のようなポジションの空港だろうか?マドリッドにも大きな空港がある。 (画像2):こちら側が「ターミナル2」新しいターミナルだ。向こうの駐機場が「ターミナル1」で昔からのもの。カタール航空68便14時25分発のオリックスが・・・。ドーハからは関空行きQR802便0時25分発に接続となる。機内食はサンドイッチ:(画像3)不思議な味がする。 (画像4):ドーハ空港。中東の雰囲気を醸し出している? (画像5):バルセロナにはヤシ?の花が咲いていた。暖かい地域なのだろう?バルセロナ緯度の割に南国の花が咲いている。ハイビスカスやブーゲンビレアも。ガウディの作品には植物をモチーフにしたモノも多い。地域柄?環境の影響も大きそうだ。 #jaltrico #グルメ
いいね 行ってみたい 行った
コメント
#いい家族旅行の日 #行きたいところ #芸術の秋 #バルセロナ #旅写真 #jaltrico  1時間余りの「カタルーニャ音楽堂」ツアーの後、娘の念願であったマーケットへ。昨年歩き回った経験を生かす事ができた。音楽堂からカテドラルを通ってマーケットまで二人をスムーズに誘導することができた。途中あのハイジを見かけた。(画像1):この年のハイジ。(画像2):前の年のハイジ。陳列配置が変わっている。売られずに私達をまっていてくれた? (画像3~5):サン・ジョセップ市場 娘が行きたかったらしい。30分くらいの滞在だったが,雰囲気を堪能している様子であった。  とてもカラフル。売られている果物たちの反射する光でとても明るく感じる。品数もすごい!日本の市場の雰囲気とよく似ている。 (画像5):リュックは前に。スリの多い場所でもある。リュックは前にかかえて未然の防止対策を!ちなみに娘のリュックはいつも後ろ向きなのに開けられようとした形跡もない。  時間も11時を過ぎた。ホテルへ帰る時間である。  欧米人には朝早くから活動しようという発想がないらしい。どの観光地も昼近くになって混んでくるようだ。ホテルの朝食が7:00スタートなのも頷ける。観光シーズンならその日の第1目的地を朝一に入れた方が無難なようだ。  12時にチェックアウトをして近くの郵便局まで葉書を出しに出かけた。オーストラリアでお世話になったご夫婦へクリスマスカードが出せていなかったのである。ここへも昨年訪れていることから道に迷うことなく済んだ。  バルセロナ空港までは来たときと全く逆の順路を辿ることになる。来た時味わった不安感や不信感を思い出しながらも、二人とも4日間のバルセロナ滞在に満足しているようである。気持ちを早く切り替えないと折角の旅が台無しになる。14時25分発のフライトまで空港内で昼食を摂ることにした。出国審査の後ロビー内の免税店を物色。買い忘れたお土産を調達する。
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
#いい家族旅行の日 #行きたいところ #芸術の秋 #バルセロナ #旅写真 #カタルーニャ音楽堂 #jaltrico  12月28日 バルセロナ最終日 旅の終わりに。  ホテルのチェックアウトタイムは12時。それまでバルセロナ最後の観光にでかける。朝7時にいつものように食堂に向かい。いつもの朝食をいつもの席で摂る。8時過ぎバルセロネータの駅から地下鉄に乗る。昨年いけなかった。「カタルーニャの音楽堂」に向かうためである。ウルキナオナ駅で降り、近くに掲げられたマップで現在地と目的地を確認。(画像1):「カタルーニャ音楽堂」5分ほどで到着した。英語のツアーは9時30分始まり。勝手な見学はさせてもらえない。料金は12ユーロ。(画像2):この角度からが面白いかな?  ここもまたすごいのではあるが今まで見たものがあまりに偉大であったので、その感動が薄れてしまっている。見学の順番も大切かな?それぞれを純粋な目で見学できればよいのであるが、どこかで比べている。  ツアーのチケット売り場は左手へ回り込んだところにある。少し分かりづらい。現金(12ユーロ)のみの取り扱いで日本語のツアーはない。 (画像4):「サン・ジョルディ像」カメオを思わせるようなレリーフの彫像。色合いが良い。 (画像3):真正面2階になる。ツアーでは写真撮影が禁止されていた。室内の装飾はとても華やかなものであった。この内側にはステンドグラスが施されている。是非入場して見学されたし! (画像5):チケット売り場の小窓であったのだろうか?
いいね 行ってみたい 行った
コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる