プロフィール
シルバーメンバー
大阪大井
大阪系JALファンです。
2023年7月任命アンバサダー
2022年7月任命アンバサダー
2021年7月任命アンバサダー
2020年6月任命アンバサダー
獲得バッジ:10
アクティビティ
昨日
JALトークに投稿しました
約23時間前
時代は、エアバス
表題の言葉が最初に浮かんだのは、JALがA350導入を発表した2013年の10月。 Peach A320が関空でその数を増やしていき、スカイマークがA330・A380導入準備を進めていた頃でもあり、さらにこの月下旬にはPeachが成田へ初就航。 私の頭の中ではエアバス旋風が吹いていました。 再度この言葉を強く意識したのは5年前の2019年。ANAでA380が、JALでA350-900が就航します。 前者は5年前の今日、5月24日(金)にデビュー。曜日も今年と同じでした。 本件については私は動いておらず、それは9月就航JAL A350初便の席が4月上旬に確保できていたことからエアバス趣味活動はそちらに集中させる方針だったため。 いっぽうANA A380初便へは趣味界知人の誰かが乗りに行っているだろうから、その人物から話を聴こう・・・というのが当日昼までの思考でした。 が、夜の出発を前にして成田状況はどうかとやっぱり気になっていきました。 そして2024年。JALでA350-1000が就航し、A321neo導入発表。スプリング・ジャパンではA321。 もちろんANA A380、JAL A350-900は就航5周年の節目。 「時代は、エアバス」及び本日を強調すべく本稿ではA380画像を載せようとしましたが、私はANAのそれを1枚も撮っておらず、同型機を撮っているのは16年前のSQ A380だけ。 どうしようかと案じた末にJALグループのエアバス機を。 でもフライト情報は5年前のANA A380初便のものです。 #JJP
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
約2日前
約3日前
2024/05/21
JALトークに投稿しました
2024/05/21 15:19
国内線ファーストクラス第1号旅客のtrico会員
当該客は私です。 2007年12月1日から始まった国内線ファーストクラスサービス。その1番手は伊丹7:20発羽田行き、2番手は羽田7:30発伊丹行き。 私は後者の搭乗だったので、国内線F客としては15~28番目のいずれかと長らく思っていたのですが、tricoでカウンターやラウンジのことを見るようになって思考変更。 初日に最も早くFカウンターで搭乗手続きをした客は自分、よって「正統な手順を経てFへ乗り込んだ客」の第1号は俺! との以前投稿を再構成してみました。 国内線ファーストクラス導入、羽田~伊丹・福岡線などを中心とした幹線に展開と2007年1月半ばに発表がありましたが、当初旅客機趣味者間では「羽田~伊丹でどんだけサービスが出来るのか、客室乗務員への負担が大きくなるだけでは」との批判的論調が見られました。 そして8月下旬に「12月1日から羽田~伊丹の7往復でサービス開始」が発表、よりによってその区間から!? 当初の限られた機材でFクラスサービスを出来るだけ多く提供、その意図から敢えて短距離の羽田~伊丹へ充てるのだと思えましたが、加えて「その区間でも、その時間でもFの充実度を感じて頂く」というJALの意気込みとも私は受け取りました。 そして伊丹が最初の就航地とあらば、羽田から初日初サービスを受けて帰阪しよう、とは大阪人JALファンとしては普通の思考でしょう。 9月30日JALプラザ札幌へ行き翌日予約する旨を告げ、翌10月1日9時30分00秒に予約操作してもらい、最初に申し出た12月1日羽田7:30発フルフェアF席を確保。席は1C。 10月2日JALプラザ大阪にて、28700円で購入。 そして12月1日、5:18に空港駅に着き、伊丹が6:00オープンなのに対し5:30オープンの羽田Fクラスカウンターで一番に搭乗手続き。未明・2時間前、こんな早過ぎるF客は私が最初で最後だろうと思いました。 当日そのものの満足度は100%。 加えて札幌での予約から降機後の梅田JALプラザ訪問、さらにその後に会うキャビンスーパーバイザーの方へ至るまで、この初日103便Fクラスの件で多くのJALメンバーとお話しする機会を持てました。これらがかなり印象に残ります。 国内線F第1号旅客は、JAL史に於いて最も心豊かな同F客でもあります。
いいね! 役にたった 知らなかった
5 コメント
2024/05/20
JALトークに投稿しました
2024/05/20 13:56
大阪発着近距離ターボプロップ機路線
・・・といえば68マイルの伊丹~但馬なのですが、この路線の前日購入特定便割引運賃がめちゃ上がったように思えます。 数年前なら前日で9000円台だったように憶えているのですが、今だと12000円台。 WEBで5桁の額を見たら、「明日天気が好さそうだから、豊岡へ行こう!」という気が起きなくなっている大阪大井です。 尤も、「行かなきゃ!」となれば梅田へ株主割引券を買いに行ってとなりましょうが。 しかしながら、私は「近距離ターボプロップ機路線の賃率は高い」と聞いており、例えば78マイルの天草エアライン天草~福岡を搭乗前日に購入したら、割引無し普通運賃で14500円。 伊丹~但馬でのセイバー12000円台は、これでもありがたいと思うべし? さて表題路線に該当するものでは、2000年以降だけで見ると54マイルの伊丹~徳島と関空~徳島もありました。 2001年10月での前日購入なら普通運賃が適用され10000円、往復割引の片道が8750円。 同時期の伊丹~但馬には前日購入で7000円で乗れる便があり、但馬は利用促進を図るべく昔から利用者の財布に優しい所だったのではないでしょうか。 けれども往時はその発想よりも、大阪~徳島だけを見て「明石海峡大橋を通る高速バスと競合しているのに、この運賃の高さは何やねん」と思っていました。 なおフライト情報に載せた徳島→伊丹の搭乗では、繁忙期につき事前割引は無く、さらに繁忙期運賃適用でした。 #JAC
いいね! 役にたった 知らなかった
4 コメント
2024/05/18
2024/05/17
JALトークに投稿しました
2024/05/17 13:16
鉄道の利便性が向上した区間での航空便について
東京→仙台での速い新幹線には、所要1時間31分の列車があります。 いっぽう羽田空港→仙台空港の航空便は・・・終日無し。1985年に休止となったとのこと。 博多→鹿児島中央での速い新幹線には、所要1時間19分の列車があります。 では福岡空港→鹿児島空港の航空便は、48席あるターボプロップ機で1日1便飛んでいます。 そちらの2023年度利用率は79.5%。客席には38人が居ることになり、片や空席は10席程度。 近年福岡~鹿児島や東京~富山・金沢・福井に新幹線が走り始め、主要駅間なら新幹線の利便性が断然有利といわれていますが、それでもこれらでの都市間航空便は残っています。 例に挙げた東京~仙台・新潟の航空便が無いのは、私が察するに「航空移動がまだ一般的でなかった時代に新幹線が通り、空路を選ぼうとする層がいなくなる。→航空会社はもっと儲かる所へ機材を充てるべく、新幹線競合路線は休止」ということで、これが現在にも続いているのではないかと。 けれども近年の新幹線開通は、既に航空移動が多くなっていた時代。 この辺りのことはえちごトキめき鉄道社長さんブログで見られ、空路に対する考えも変わって上記路線のような存続があると思います。 鉄道が便利になろうが、空港のほうが近いとか利便性が好いとか、あるいは航空移動を好むとか。 そして以遠への乗り継ぎの利便性を考えたら、やはり飛行機を求める層はいます。 10年位先には札幌~新函館北斗に新幹線が通り、札幌~途中在来線乗り換え~函館に於いて所要1時間30分位となりましょうが、近年の例に倣えば丘珠空港~函館空港空路は存続を求められましょう。 出来れば朝・昼・夕の3往復・・・2030年代半ばはそうなってくれたらいいなあ。 #JAC #HAC
いいね! 役にたった 知らなかった
4 コメント
2024/05/16
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる