プロフィール
ブロンズメンバー
大阪大井
2020年6月任命アンバサダー
獲得バッジ:9
アクティビティ
今日
約2日前
2020/09/24
2020/09/22
2020/09/21
2020/09/20
2020/09/18
JALトークに投稿しました
09月18日 13:40
新潟空港発着の主要都市間路線について
大学の紀要に載っていそうな表題ですが、思ったことは「新潟~仙台の移動、どうする?」です。 大阪から新潟・仙台の両方へ行く時は、私の場合は大阪~新潟~仙台~大阪というふうにたどりたいのですが、ところが中間が。 ネットで検索すると、上越・東北新幹線利用か、両都市を結ぶ高速バスが示されます。最短で2時間30分台ですが、新幹線で大宮経由。えらく大回りで、それなら一旦帰阪してから出直したほうがええんとちゃうかと。 1990年代までANAが、のちJ-AIRが新潟~仙台に就航していたそうですが、現時点で最後となっているJ-AIRの就航機材は19人乗り。それを以ってしても維持出来なかった? それならもっと小さい機種で・・・9人乗りアイランダーを現地で見て思ったことがあります。 そのアイランダーは佐渡行きに入っていましたが、就航会社の変遷を経て、今はもう飛んでおらず。 結局のところ、空路が設けられていない区間は、通常だと陸路・海路利用。 普段伊丹・関空・神戸から飛んでいる身には、航空路線が無いところの移動ではそれ相応の時間を要するものと改めて思います。 #J-AIR
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
2020/09/16
JALトークに投稿しました
09月16日 12:25
伊丹行きE190大阪上空へ、でも高すぎ!
JL2164便は巡航高度36000フィートから高度を下げ、そして信貴山を超えて大阪平野上空へ・・・ん、高すぎ!? 機窓右方に淀川、左に大和川、左手前に八尾空港が小さく・・・伊丹へ降りる時の高度じゃない!? 8月下旬から9月上旬の大阪では昼間~夕刻に雨が多かった感があり、そんな時は雷雲を避けての伊丹進入だったと思います。エンジン音が聞こえたので空を見上げ、「なんでこんな所を飛んでいるんだ?」と思うこともありました。 今年8月28日、伊丹行き2164便搭乗時でも空の様子が怪しかったのか、いつも乗る時よりはるかに高い高度で大阪平野へ。 ここからどうやって伊丹へ降りていくのか、それは北西320度を維持して降下というものではありませんでした。 ヘディングを南西に取って、そこからΩを描きながら降下。小さく見えていた八尾空港が、2度目には大きく見え、そして北西に向きを変えて伊丹空港ランウェイ32Rへ。 南河内がじっくり眺められた、印象深い伊丹進入でした。 なおこの飛び方、実は雲のせいかどうかは把握しておらず、もしかしたら伊丹混雑のため上記の飛び方をしたのかもしれません。 #J-AIR
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
2020/09/15
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる