プロフィール
ブロンズメンバー
みう
一人旅派。すきあらば台湾。プロフ画像は杖立温泉郷です。 写真はスマホで撮影しています。
獲得バッジ:6
アクティビティ
約2日前
発見レポに投稿しました
約2日前
#おすすめ旅プラン 、私が書くなら台湾かなぁ… というわけで 【2泊3日台中・日月潭への旅】 利便性とかを考えて桃園空港が起点です。 Day 1 桃園空港から台中へは高速バスが便利! 昼くらいまでの到着便で台湾に入国し、両替をしてバス乗り場へ。事前予約は不要、複数のバス会社が運行していますが、お好みで乗ってください。 台鉄の台中駅までは2時間半くらいで着きます。 台鉄台中駅は東京駅みたいにレトロでかわいい駅舎と、新しい駅舎の両方が楽しめます。どっちも素敵。 この旅程では台中駅近くのホテルに一泊、日月潭に一泊します。 まずは荷物を置きにチェックイン。 荷物を置いたら台中駅付近を散策。 ★台湾のウユニ湖「高美湿地」への往復バスツアーを申し込んでおくのもおすすめです。 宮原眼科の前から出発し、いい感じの時間につくように案内してもらえます。(宮原眼科で買ったお土産とかはバスの中においておけます) Day2 朝食前に「台中干城駅」バスターミナルへ。 いきなり行って乗ってもいいのだけど、希望の便に乗れなかったら厳しいので事前に購入。乗るのは「台湾好行」というバス。 バスターミナルでは日月潭の船や周遊バス、レンタサイクルなどの利用券がついたチケットも売っています。おすすめです! 2時間ちょっとのバス旅、途中高鉄の台中駅にも止まります。 冷房が強いのではおりものがあると便利。 日月潭についたらバウチャーを引き換え。 ここでもらえる地図にバス、船の時刻表も載っています。 周遊バスに乗って日月潭を観光。 結構見所が多いのと、バスの終わりの時間が早いので、時間配分と取捨選択が大変💦 ロープウェイも楽しいのでぜひ乗ってください! Day3 駆け足の観光も今日で終わり。 昼過ぎのバスで高鉄台中に戻り、新幹線で桃園に向かいます。 民宿のあさごはんを食べ、湖の周りを散策。 チェックアウト後は船でバスターミナルまで移動。 高鉄桃園には基本的に日本でいう「こだま」みたいなやつしか止まらないので、くれぐれも時間に余裕を持って移動してください。 高鉄桃園駅から空港まではMRTで移動。空港チェックインして日本に帰国。 以上、忙しい人向けの旅行プランでした笑 #おすすめ旅プラン #旅を夢見て #旅行計画
いいね 行ってみたい 行った
コメント
2020/06/01
2020/05/31
2020/05/28
発見レポに投稿しました
05月28日 06:45
高雄といえば、今はこれが一番有名なのではないかと思う「美麗島駅」 アジアで一番美しい地下鉄駅、世界でも二番目の美しい地下鉄駅って言われてますよね。 実際すごいです。きれいです。 天井のステンドグラスもすごいけど、外から見た駅の入り口もガラス張りできれい。 でも高雄MRTにはもう一つ美しい駅といわれている駅があって、それが美麗島の隣の駅の「中央公園駅」。 写真3枚目のちょっと宇宙船っぽい感じの駅で、先に美麗島駅を見てしまうと「これはこれでいいけど、言うほどきれい…?」ってなってしまうかも😅 この駅の真価は駅の周りの公園にあるんじゃないかなと思います。 公園が大きくて、きれいなんです。 写真は夜六合夜市からの帰りに撮ったものですが、昼間に見た方が緑との調和がとれていてきれいに感じます。 新しい生活様式で気になるのは、夜市文化がどうなるのかですね。 六合夜市の入り口でパパイヤミルクを買って、飲みながら歩き、通りの一番奥の店の海鮮粥を食べるのが好きなのだけど… 海外旅行ができる頃には昔みたいにワイワイガヤガヤした夜市文化が戻っているといいなあ。。。 #旅を夢見て #旅行計画 #おうちトラベル #おすすめ旅プラン
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
2020/05/26
発見レポに投稿しました
05月26日 21:14
昨年GWに行った台湾の離島、馬租島。 台湾の離島というと膨湖とかが有名だと思うけど、馬租島に行った理由は一つ。 「藍眼涙」を見るため!(写真2枚目の海が青く光ってるポスターがそれです) 藍眼涙は春夏(とくに4〜5月)の、月が見えない日で、波が高い日に「運が良ければ」見れるやつなんですが、昨年の5/5がちょうど新月! これは行くしかない!!! 馬租島にはTSAから飛行機で行くか、フェリーで行くかなんですが、少ない日数で旅行しているのもあって、エバー航空の子会社UNI航空のプロペラ機でびゅーんと行きました。 エバー航空というとキティちゃんのラッピングが有名ですが、UNI航空はバツ丸くんがキャラクター。 実際乗ったものは普通の塗装のやつでしたが。 船も飛行機も(波が高い、風が強いなどの理由で)よく欠航するそうなのでドキドキでしたが、行きも帰りも何事もなく行けてよかった… さて、馬租島は岸壁に大砲があったりするのですが、それもそのはず。すぐそこは中国大陸。 台湾本島よりも大陸の方が近いんです。 気候も台北とは結構違って、かなり肌寒い。 上着を持ってこなかったことを後悔しました。 で、藍眼涙ですが、結論から言うと見れました!! が、最近のデジカメか、最低でもiPhoneXS(当時はまだXS、XLの時代でした。私が持ってたのはiPhone7plus)とかマニュアルモードの使えるカメラ機能が強いスマホでないと残念なことになります。 頑張って写真撮ったんだけど、言われてみればなんか光があるかも?という感じの写り(4枚目)、がんばって調整して5枚目… 気休めにマニュアルカメラのアプリを入れていたのですが、あんまり意味なかったです😂 またの機会があれば、今度は3泊くらいして、ちゃんとしたカメラと三脚持っていきたいですね。 馬租島の観光やグルメももう少しちゃんと楽しみたいし。 またいい感じに新月とGWが重ならないかなあ… #旅を夢見て #おうちトラベル #旅行計画 #飛行機好き #離島 #台湾 #馬租 #藍眼涙 #bluetears #自然 #おすすめ旅プラン #空さんぽ
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
2020/05/24
発見レポに投稿しました
05月24日 00:16
昨年のGWは、珍しく友人との二人旅。 一人ではできないことがしたくて、わがままを聞いてもらいました。 台湾の超すごいレストラン「食養山房」。 CREAに載っていたのを見てずっと憧れていたのだけど、一人では予約ができないのと、そもそも予約が全然取れない(しかも電話でしか受け付けてくれない)。 今回のチャンスを逃したらもう行けないかもしれない。 必死で国際電話を掛け、下手くそな英語でなんとか予約を入れた。 せっかくだから茶室体験もつけた。 「食養山房」は予約を入れるのも大変だけど、実際に向かうのも大変。なぜならばものすごい山奥にあるから。 台北市内から車で1時間半くらいかけて延々山道を登っていく。 行きも怖いけど帰りはどうするんだろう。 店でタクシー呼んでもらうしかないけど、大丈夫かな… 駐車場でおろしてもらったはいいけど、入口がわからない。 (写真三枚目。さて、入口はどこでしょう?) 電話をして聞いてみたけど、なんか要領を得ない。 無理を言って途中まで迎えにきてもらってなんとか入店。 まずは茶室に案内してもらって、茶室からの眺めを堪能。 水墨画のような風景が広がる。 これはいろんな季節で見てみたい。 桜の頃や紅葉の頃、あと冬はきっとこんなに山奥なのだから雪も降るだろう。どの季節もすごそうだ。 中国茶を2種類淹れてもらう。(一枚目、二枚目) このお茶を淹れてくれる人も中医学の先生だったりして、なんだかすごい。 茶室に案内してくれた人が漢方の相談もできますよ、と言っていた。 お茶を飲んだ後はいよいよディナー。 コースは一種類だけ。 内容はその時その時で変わるらしい。 旬のもの、その日の仕入れで変えているのだと思う。 どれも美味しいだけではなく、見た目も楽しめる。 何料理とも言い難いけど、ものすごく体に良さそうな感じがする。 それにしてもはちゃめちゃに美味しい。なんだこれは。 量は少なくも多くも感じる不思議な量。 でも胃もたれだとかそういうのは一切ない。 「なんか、健康になった気がする」 私もそう思う。 いつかまた、食べに行ける日が来るといいのだけど。 でもなぁ…予約のハードルが高いんだよなぁ…苦笑 #グルメ #旅を夢見て #ささやかな楽しみ
いいね 行ってみたい 行った
コメント
2020/05/23
2020/05/21
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる