ハッシュタグ
<
#名古屋
91件
発見レポに投稿しました
05月06日 21:52
名古屋-仙台-苫小牧間を運航している太平洋フェリー。 太平洋フェリーには「きそ」「いしかり」「きたかみ」の3隻の船を保有していますが、今回書くのは「いしかり」です。 船内に初めて入ったとき、「ここ、船の中ですか?」と思いました。 街中のホテルと大して変わらないんですよね。 部屋は特等洋室を利用しましたが、テレビ、冷蔵庫、ユニットバス、タオル類などが一通り揃っていて部屋の面積や設備は一般的なビジネスホテルのツインルームとほとんど同じです。 太平洋フェリーの楽しみはレストラン。 内容は和・洋・中の各種料理が豊富に揃っているバイキング形式。ここの売りは握り寿司とステーキです。 「バイキングほど食べれない」という方はカフェスタンドに軽食メニューがあります。また、売店や自動販売機も陸上と同じ価格なので食料を持ち込みしなくても大丈夫です。 私が利用した名古屋~仙台間は時間にして21時間40分と長時間の航海です。 しかし、売店やレストラン、大浴場など旅客設備が充実していて飽きることはありませんでした。逆にこのくらいの設備だと名古屋~仙台より航海時間が短い仙台~苫小牧では正直オーバースペックな気がします。仙台~名古屋は距離の割に料金が安いので、豪華な船旅を手軽かつ存分に楽しむことができます。 フェリーというと船酔いの心配がつきまといますが、太平洋フェリーの船舶はすべて超大型なので時化のとき以外であれば揺れはさほど気になりません。 日本の旅客フェリーの中でもエース級といっていいこの「いしかり」、わざわざでも乗る価値はあります。 #jaltrico #旅写真 #グルメ #フェリー #仙台 #名古屋 #発見レポ #おうちトラベル
いいね 行ってみたい 行った
4 コメント
発見レポに投稿しました
04月18日 22:19
名古屋には知る人ぞ知る「喫茶マウンテン」という有名な喫茶店があります。 店の名前が名前なのでいつの頃からか『喫茶マウンテン』に行くことは「登山」、完食は「登頂」、そして注文を食べきれずに残してしまうことを「遭難」と呼ばれるようになりました。 ご存じない人に申し上げておくと「喫茶マウンテン」最大の特徴は、 見たことも聞いたこともない奇抜なメニューがある ということです。 「甘口抹茶小倉スパ」 「甘口キウイスパ」 「お茶ピラフ」 こんなのがある店など全国探してもここしかありません(というかあってたまるか!)。 で、今回紹介するのは「甘口抹茶小倉スパ」。 喫茶マウンテンの代名詞である甘口メニューの元祖です。 抹茶の麺にたっぷりのホイップにフルーツ、あんこまでのっています。 こんなデザートみたいなの楽勝じゃないか、と思った方は自らの舌で確かめてください。 自分の考えは甘かったと気づくでしょう。 1口目・2口目は問題なくいけるでしょう。 しかしそれ以降になると油っこさと甘ったるさがこめかみに響いてくるのです。 さらにあったかいので早く食べないと生クリームが溶けて悲惨なことになります。 このお店のメニュー全般にいえますが、量が結構あるので遭難する危険性はかなり高いです。 見た目のインパクトの強さと完食難易度の高さの両方を兼ね備えたこのメニューは「マウンテン」の看板メニューに相応しいといえます。 メンタルの強さに自信をお持ちの方はぜひ挑んでください。 ちなみに私は10分で登頂しました。 #グルメ #jaltrico #旅写真 #カフェ #名古屋
いいね 行ってみたい 行った
7 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる