プロフィール
ブロンズメンバー
takahappy
三度のメシよりソラが好き。今日も元気にFly away !!
獲得バッジ:10
アクティビティ
約2日前
2020/02/15
2020/02/13
2020/02/10
2020/02/05
JALトークに投稿しました
02月05日 18:51
寒いですねー。
いやー、ホント暖冬といえど寒いものは寒いですねー。 旭川は今、摂氏氷点下13度ですか。そんな雪の降る日、出発直前、何か翼に振りかけているの見かけたことはありませんか? そうです。「デアイシング」です。 航空機は翼面に異物が付着すると翼面形状が変わり揚力(浮く力)が減っちゃってそりゃ大変なことになります。また、氷などがエンジンに当たっちゃうとこれまた具合が悪い状況となります。 実は国際ルールで航空機の機体表面には何も付着してはいけないという「クリーンエアクラフトコンセプト」というものがあります。飛行の際には、雪や氷を取り除く必要があります。 そこで今日の豆知識。ふりかけている液体は主に2種類あるんです。 TYPEⅠ:機体に積もった雪を除く 冬期間航空機が雪や氷・霜などが付着したときは、雪質にもよりますが、気温が低い場合にはデ・アイシングブロー(圧縮空気)により飛ばしちゃえばいいのですが、湿った雪や氷などはブローだけでは取り除けません。なのでTYPEⅠ(De-Icing Fluid)を散布し雪や氷を取り除きます。 TYPEⅣ:新たな着氷を防ぐ これは再度機体に雪が積もったり氷にならないようにするため散布します。TYPEⅣ(Anti-Icing Fluid)です。散布後機体表面には防氷液の層ができ、新たに積もる雪を溶かし込んでいきます。 ちなみにTYPEⅣは、離陸滑走時、エアボーン直後にみーんな流れ落ちちゃいますw これが太陽光線に当たるとキレイなんですよねー。 またこのTYPEⅣ、有効時間があります。ホールドオーバータイムと言います。降雪条件、外気温で有効時間が変わります。 一例を示しますが、マイナス14度でガンガン雪が降っていたら、タイプ4を塗ってから性能のいいタイプ4だったとしても、離陸まで最大20分しか持たないということです。混雑などでモタモタしちゃうと、時間切れでもう一回塗ることになりますw このデアイシングの場面に遭遇したら、「あ、タイプ4塗ってる!!」とデッドヘッドのパイロットさんの横で行ってみてください。「おぬし!何者!!」となるでしょう(笑)
コメント
2020/02/04
2020/02/03
JALトークに投稿しました
02月03日 22:55
No RAC, no LIFE !! RACのボンキューはすごい!
RACが大注目ですね!ww そういえばランチ会にてtricoのRAC職人さんの隣でローストビーフを2回もお替りしたtakahappyですので、ここは我らが琉球エアコミューターのスゴイ所をお伝えしますね。 RACが所有する5機のボンバルディアQ400型機(DHC-8-Q400CC) このCCはカーゴコンビの略で機体の後ろ半分は23.4立方メートルの貨物室です。 以前RACが所有していたQ300シリーズの9.1立方メートル、Q100シリーズの8.5立方メートルと比較して、約2.5倍広くなっています。魚を積んでも匂わないそうです。 貨物は約4tまで搭載可能。機体片側で見た場合、後方の窓4カ所分と旅客用ドア1枚分が、拡張された部分にあたります。貨物室が拡張された場所にある、後方ドア(L2とR2ドア)は使用できず、固定されています。 貨物室が大型化したことで、ダイビングや釣り、サイクリングなどを目的とした観光客の離島誘致や、与那国のカジキマグロや久米島のクルマエビ、北大東島のアワビなど、生鮮品をはじめとする地元特産品の輸送に同時対応出来るようになったそうで、期待の機体です(←オヤジだなあ)。 ダイビングや釣り、サイクリング関連の預け荷物を現在より多く積んだ場合でも、40Lのみかん箱を100個多く搭載でき、カジキマグロの場合は従来1本しか積めなかったところ、5本積めるようになったんですって。 このカーゴコンビ、RACがローンチカスタマー(世界で一番最初に導入した航空会社)です。日本の愛好家は愛情をこめてボンバルディア・ダッシュエイトQシリーズのこの機体を 「ボンQ」 って呼んでいます。 SHIPもすごいが、CAさんもスゴい。私はもう400フライト相当のログブックをいただいておりますが、「お願いログブック書かせてください!!」と言われたのは後にも先にもRACのこのステキなCAさんだけです。 余談ですが、私の趣味、フライトシミュレーターの基礎を教えてくれた若者(もとへ!教官ですw)がRACに就職し、順調にいけばそろそろ肩に三本線が入っている頃です。いつか彼の操縦でフライトしたいです。 ちなみにこのボンQカーゴコンビ、カタログ価格は1機約35億円! 皆さん1機いかがですか? #がんばれRAC
11 コメント
もっと見る