プロフィール
ブロンズメンバー
ロック
日本の47都道府県全て行きました。 体質的に酒はあまり飲めない模様。
2022年1月任命アンバサダー
2020年11月任命アンバサダー
獲得バッジ:12
もっと見る
アクティビティ
2022/07/28
発見レポに投稿しました
2022/07/28 17:41
18日に今年2回目のヒラメ釣りへ行ってきました。 今回は祝日なので唐丹湾(岩手・釜石市)の豊海丸さんです。 漁港から30分ほど船を走らせ最初のポイントへ。 前回同様チラシ仕掛けを使い、底に落として1メートルほど巻き上げて待つ。 アタリがねえ…。 隣の人はソイやメバルを釣りあげていくのに自分にはない。 しばらくしてやっとアタリが。 ただ20センチ弱のクロソイだったのでリリース。 何度目かのアタリで35センチくらいのアイナメがやっとかかる。 かかったはいい。が、チラシ針の宿命で針を外すのに手間取る。 その後ヒラメらしいアタリが。 いくら待っても食い込まないので仕掛けを引き上げようとすると、 根がかり。 外そうと竿をあおってしまったら、 パキッ! 竿の穂先折れました(´;ω;`) 9時過ぎになって「グッ、グッ」という明らかにヒラメとわかる引きが。 今日は食いが浅いと見てその前にゆっくり竿を上げて聞き合わせをしてみる。 重量感がある。ちゃんとフッキングしてくれたな。 船頭さんの「リールゆっくり巻けよー」というのに合わせて丁寧に巻き上げる。 水面に現れたのはまごうことなきヒラメ! スケールで体長を測ると45センチ。 しかし肉厚で食べるのも捌くのもちょうどいいサイズです。 30分後、何の前触れもなく「ズコーン」と竿が海中に引き込まれる。 バラシ覚悟で合わせてみると重みが。 ゆっくりリールを巻き上げると本日2枚目のヒラメ。 1枚目と同じくらいのサイズでした。 その後は我慢の時間が続く。 ヒラメは元気なイワシに食いつくので餌のチェックは小まめに行います。 弱ったイワシは皆さん海に投げるのですが(もちろん食べれるので持ち帰ってもいいのですが)、それをわかっているのか船の周りには常に海鳥がいて投げたイワシをすぐに持っていきます。 これが結構むなしい。 結局ヒラメ2枚にクロソイとアイナメ各1尾という結果でした。 当たれば美味しくて大きな魚がかかるヒラメ釣りは面白いです。 #jaltrico
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
2022/07/21
2022/06/26
発見レポに投稿しました
2022/06/26 21:33
21日に大船渡の越喜来湾へ船釣りに行ってきました。 今回利用したのは「第八荒神丸」さん。 活イワシが入荷したようなのでそれをエサにヒラメを狙います。 2時に自宅を出て、4時過ぎに港へ到着。 5時に出港して湾内の生け簀に確保してあるイワシを積み込んでから、30分ほどかけて最初のポイントに到着。 12~3センチのイワシをつけて実釣開始! しばらくしてアタリが出たので引き上げてみると、 クロメバルでした。 このサイズは煮付けにちょうどいい。 メバルの後もソイがポツポツ釣れてくる。 2つ目のポイントに移動した後、 …ガッ! というアタリが。 なんかヒラメっぽいなあ、と感じたので様子を見る。 (ヒラメはイワシの腹に噛みついた後、頭から飲み込むため少しずつくわえ直すのでこの段階で合わせるとエサを放してしまいます) ガクン、ガクン、ガクン! これは間違いなくヒラメがイワシを噛み直しているところだ。 グーン! 竿が一気に海中へしなる。 ここだ! 竿を軽く上げて針掛かりさせ、ゆっくりリールを巻く。 隣では船頭さんがタモを持って待っている。 水面に現れたのは50センチのヒラメ! ふーっ。 その後釣れてくるのはソイとサバばかり。 ヒラメっぽいアタリがあっても歯形のついたイワシが戻ってくるだけ。 さらに早い段階でお目当てのヒラメを釣ってしまい、気持ちが切れたのか2枚目を狙おうと欲が出てしまったのか根掛かりしてPEラインを大量に切断せざるを得なかったり、乗船者は自分含めて3人のみなのにオマツリしたりとグダグダ。 この調子のまま11時40分に沖上がり。 お目当てのヒラメは釣れたけど、トラブルのほうが印象に残る釣行になってしまいました。 ヒラメ釣りは7月から本格的にシーズン入りするので、今回の反省を活かして来月以降臨もう。 #jaltrico #地元自慢
いいね 行ってみたい 行った
コメント
2022/05/01
2022/04/23
2022/04/20
2022/03/20
2022/03/12
2022/03/11
発見レポに投稿しました
2022/03/11 14:31
岩手日報社が特別号外を発行 11年の歩みと思い伝える(共同通信) https://news.yahoo.co.jp/articles/7a5da95bbfa212e7bdc5751708beacf4ebb426ea もう11年か、まだ11年か。 それは人によって違うかもしれない。 もちろん11年という期間は誰にとっても平等であるが。 この日が来る度、改めて思う。 (私の場合昨年12月に痛感しましたが) 明日が来るのは決して当たり前ではない、と。 今日が最後になる可能性だってある。 そうなれば答えはこれしかない。 「1日1日を悔いのないように過ごすこと。「やってみたい」と思ったことはやってみる。言いたいと思ったことがあったらしっかり言う。自分に嘘をつかない。常に自分に対して正直であれ。今日がなければ明日はない。今(日)を全力で生きる。未来は今日の積み重ねだから」 (「トワイライトエクスプレス」乗車中に私が書いたメモより) 僕らは語り継がなければならない。 その過程で辛いこともあるだろう。 でも逃げるわけにはいかないんだ。 次世代のため、自然とともに在るすべての人のため。 こういう未曽有の自然災害があったこと、そしてそのようなことが起こった場合どうすれば生き抜くことができるかを。 そして、命の重さを。 #jaltrico
いいね 行ってみたい 行った
コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる