ハッシュタグ
<
#機種その他
4,273件
JALトークに投稿しました
約2時間前
A350初搭乗の思い出🌈
#旅したくなる投稿3000件チャレンジ ですが、この調子なら無事に達成できそうですね。編集部の皆さんも、ホッと胸を撫で下ろしていることでしょう。 ただ、全体の投稿が急激に増え、見落としたくない記事が埋没してしまったりして、いろいろ弊害もあったような気がします…😅 さて今日は、初めてエアバス #A350 に搭乗した日のことを紹介したいと思います。 コロナ禍が直撃した令和2年8月、自粛ばかりでは何もかもうまくいかなくなると考えた私は #JALパック の #GoToキャンペーン を利用して #福岡 へと一人旅に出ました。あまり旅行自体しなかったですし、ほとんど国内線には乗ってこなかったこともあり、まとまった日数で九州に旅することになってワクワクしていました。 羽田に出てきやすい時間の午前便でA350を選びました。帰りは787にして、行きと帰りで乗り心地を比べようという試みです。 就航して1年くらい経っていましたから、遅ればせのデビューです。 搭乗したのは緑タイトルの3号機。もちろん雑誌やネットで聞き及んではいましたが、やはり初めて乗り込んだA350には驚きました。 一昔前の国際線専用機に匹敵するほど作り込まれた機内。今でこそ上級クラスはフルフラットシートが当たり前みたいになっていますが、そうなる前であれば、このまま中距離国際線で運航できる水準の仕上がりだと思いました。 エンジ色とモノトーンで統一された機内は、現代的な感覚と日本らしさが見事に調和していて、さすがナショナルフラッグ・キャリアーの主力機だと感心したものです👍 クラスJ座席の快適性にも感嘆しました。今でこそ乗り慣れてしまいましたが、最初に座ったときの感動は今でも心に残っています。爾来よい条件で取れるときはクラスJにするようになりました。 搭乗時にFクラスを通りましたが、落ち着いた黒い内装が目を惹き、どんなサービスがされるのだろうと興味津々でした💺 A350の最大の魅力は、大きなモニターで機外カメラの映像を楽しめること。これは最高です。迫力ある離着陸の模様は、いつ見ても心躍ります。 離陸時は曇っていましたが、40,000ftまで上がってしまえば真っ青な空。大きな窓から見る景色が印象的でした🌤 私がJALを本格的に応援しようと思ったのは、この時の搭乗体験です。 #旅写真
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
JALトークに投稿しました
約7時間前
今日のFも楽しかった😊
嬉しい事に、FにUG出来ました😆 A側空席無しで、1Kにしましたが!搭乗してみるとな、なんと!1A 1C空いてました😢 そして1Hも空席でしたね。 早速、trico宣伝活動開始❗️ 担当CAさんに、trico会員です!と言うと、わ〜そうなんですねと高反応でした😄 tricoネームタグ初めて見ました!とテンション上がってました〜♪ 今回は白服様のご丁寧な挨拶があり、鶴のマスクに高反応!素敵ですね〜と言っていただきましたよ☺️ そして、楽しみにしていた、機内食。 牛ステーキ山葵風味 茄子パプリカ味噌炒め 鱈と海老芋の炊いたん 蛸なます 新潟米「新之助」 じわまん(五郎島のさつまいも) でした。 ステーキ、蛸、じわまん、最高でしたね〜😄 そして飲み物は、もちろんスカイタイム❣️ 2回もおかわりしちゃいました。 ちょうど、スカイタイムに太陽光が当たるようにして写真撮ったので、光ってます✨ 白服様が、席に良く来られるので、コグミの話をしたら、まだ食べてないと言われたので、皆さんでどうぞ!と差し上げました。 最初は、やはり遠慮していましたが、喜んでいました😊 最後にもし可能でしたらと、お願いしておいた、フライトメモもいただけて、楽しいフライト✈️でした♪ 降機後、BLUE SKYに寄ったら、復刻版エアラインバックありましたので、購入しました。
いいね! 役にたった 知らなかった
12 コメント
JALトークに投稿しました
約9時間前
RAC DHC-6ラストフライトから20年
(画像は式典撮影会時のものです。) 国際・国内・地域情勢、自身の状況、出発地・目的地の天候が幾らか整った時、そこで航空旅行へ行けるもの。 本日2022年1月23日は当初は沖縄県先島諸島へ向かうつもりでしたが、上記が整わず見合わせです。それから、先の条件を意識するようになったのも、沖縄離島訪島からです。 今日、RAC DHC-6ラストフライトから20年。 さかのぼれば22年前の元日に自身のRAC初搭乗でDHC-6型機に乗ったのですが、それまでJAC SAAB340Bが自分の乗った最小サイズ機だったところをDHC-6で更新。 客室乗務員または保安要員がおらず、客席からコックピットそして前方窓の向こうを見たのも初。こんな面白い飛行機があったのかと思ったものでした。 到着した(旧)多良間空港で機長と懇談する機会もあり、乗ったばかりの客席数19の旅客機への興味と離島空港訪問への意欲が増幅されました。 この時既に沖縄のDHC-6の退役時期が迫っており、搭乗当日は3年先だろうか等々言い合い、そのラストフライトには乗りに来たいとも思いました。 その日は予想より早まって、2002年1月23日(水)。運良く定期便ラストフライトの席が確保出来、宮古・多良間の天候を心配しましたが、往路便は曇天下の多良間空港に着陸。「ラスト」ならではの旅客機趣味人によるシーンが見られました。ただしそこは多良間空港、長閑さがありました。 そして定期便ラストフライト。一旦離陸した後、再度多良間空港ランウェイ02へ、そこをローパス。本当に接地しようかという高さで、コックピットクルーの計らいに客席では拍手が起きました。後年多良間空港でこのことが話題に上がり、空港の人も「また帰って来たのでびっくりした」とのこと。 この後特別便招待にも当選。ラストフライト日以前ではDHC-6には4回しか乗っていないにもかかわらず、この日定期便最終多良間往復に加え、特別便にも乗せて頂きました。これは私からRACへ何か還元していかないと。 以降JMB非加算のRAC搭乗が増加(現在は加算)。今の私の非JMBダイヤモンド・非JGCプレミア主義(?)はDHC-6搭乗が原点だったように思えます。 #RAC
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
JALトークに投稿しました
約11時間前
ちょっと違った着陸コース❓
12月半ばの午後、熊本から羽田へのフライトで、これまで体験してきたのと少し違う着陸進入ルートを飛びました。 機内アナウンスでもそれらしいことを言っていた記憶はあるのですが、767のデカいエンジン音に霞んでしまって細かい話は聞き取れませんでした。キャビンクルーの話では慎重な機長さんらしく、どうやら揺れに対しても厳格に望むそうです。ドリンクサービスは早めに打ち切り、ベルトサインも早めに出されて、いざ降下を開始。 この飛び方だと #南風運用 でランウェイ16Lに着陸かな…と思って窓の外を見ていました。千葉の臨界工業地帯を通過して内陸に入り、しばらくすると眼下に海上自衛隊の下総航空基地がはっきり見えました。そこで進路を左に取り、どうやら再び沿岸に向かったようです。特に揺れることもなく、いたってスムーズな飛行に感じました。 江戸川・荒川と思しき川が見え、ディズニーランドの観覧車が見えたところで南風運用ではなく「ああランウェイ22だな」と分かりました。 そのまま飛行機は何事もなく滑走路に着地。 途中でランウェイ16R/34Lを横断するときは、離陸する青の787-9が間近に見えました。滑走路を横断する時ってワクワクしますよね🥰 たまたま今まで当たってこなかっただけかもしれません。着陸といえばランウェイ23か34Lのことが多いので、珍しく感じました。もちろん22にも降りたことはあるんですが、こういう内陸を回りこむ飛び方ではなかったような… いずれにせよ、市街地上空のフライトは見ごたえがあって楽しいです。面白い体験をさせてもらえて、私としては感謝しています。 乗り慣れていて御存知の方、この着陸進入方法について、ぜひ教えてください。 #旅写真 #冬旅 #羽田空港 #着陸 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ
いいね! 役にたった 知らなかった
3 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる