ハッシュタグ
<
#jac
189件
JALトークに投稿しました
2023/01/25 16:22
Q400 日本初就航から20年
その日は来週2月1日。ANAウイングス・琉球エアーコミューターにて飛んでいるこの型式が我が国に飛び始めて20年・・・20年前の今頃の私は「来週は鹿児島や~」とそわそわしていたでありましょう。 初就航を果たしたのはJAC、デビューフライトは2003年2月1日(土)鹿児島→伊丹で、対地速度は770km/h。追い風に乗ったとはいえ、これがターボプロップ機か!?と思ったものです。 前年2002年10月のJACフェスティバルで一般人へのお披露目があって、私は展示されたJA841Cを見て「鹿児島~与論の所要時分がYS-11に比して大幅に短くなるわい」と期待していたのですが、後で伊丹中心で運用されると聞いて「!」となりました。 冷静さを取り戻せば、なるほどプロペラ機枠の有効活用且つ高速化ならQ400は最適で、しかもYS-11より定員の多い74人乗り。輸送力もアップされます。 この型式の伊丹初飛来は2002年11月23日、と聞いて当日朝から伊丹デッキへ。ランウェイ32Rへ降りて来ました。その後32Rから離陸したのですが、乗客がいないフライトながらその上昇角度がSAABやYSとまったく異なるのに目を見張りました。画像はその離陸時のものです。 そしてデビューフライトに乗り、いきなり胸のすくような飛び具合を堪能。「大阪の空はここから変わる!」とも思いました。 機体トラブルが多発し、Q400の活躍に大きな期待を寄せていた私は「よくも俺の顔に泥を」とJACメンバーに笑いながら言ったこともありますが、それでも便数は増えます。 J-AIR本社が伊丹へ引っ越してくる前のJALグループ伊丹発着ではJAC便比率が大きく、西日本方面短距離ではSAABが、中距離ではQ400が多くを担っていました。 九州・四国との往来にはQ400、でありました。ANAグループは今もそうです。 JACからは2018年2月に退役し、私の同型機搭乗機会は以前に比して減りましたが、RACやANAウイングスのQ400機内へ入ると「帰って来たぞ」と心の中で言っています。 #JAC #RAC
いいね! 役にたった 知らなかった
2 コメント
JALトークに投稿しました
2023/01/23 16:17
トキエアATR72-600搭乗を視野に入れる
本投稿内容は、国内線ファーストクラスやクラスJ搭乗、ダイヤモンド・プレミア ラウンジやそこへ入室出来るステイタス云々から離れたものとなっています。 Q400 650km/h、ATR42-600 554km/h、ATR72-600 510km/h・・・左記はANAウイングス・日本エアコミューターサイトに載る就航機材巡航速度です。 2018年12月JACでの就航当時から判っていたのですが、こうして並べてみるとATR72の遅さが目立つ気がします。 尤もすべて「この値で飛ぶ」という訳ではないでしょうが、鹿児島→奄美大島の時刻表最速値を見たらE170は60分、ATR42は75分、ATR72は80分。性能が現れている? 2号機も日本に着き、6月末までに新潟~丘珠へ就航するというトキエア。早く飛び始めてくれとの思いも高まりますが、ATR72-600の客室でどんなシーンが見られるか等の想定にも入る時期と思います。 冬場の新千歳→新潟369マイルはJ-AIR E170が75分、ANAウイングスQ400が85分。 そして来年の今頃のトキエア丘珠→新潟は、100分と個人的に見込んでいます。これは2月のJAC鹿児島→与論358マイル95分を参考に推測しました。 私の推測通りだと、402マイル・110分のJAC伊丹~屋久島に次ぐ日本で2番目のATR長距離長時間路線。 札幌~新潟では他社に比して飛行時間は長くなると思いますが、それを逆手に取った、余裕が感じられる機内サービスがあればいいなあと。 なお私が乗ったJAC鹿児島~沖永良部ATR72では、カートによるドリンクサービスを実施。私は最後列席にいたこともあって、ATR42と比して大きな客室空間であると感じられました。 #JAC
いいね! 役にたった 知らなかった
8 コメント
発見レポに投稿しました
2023/01/12 19:24
沖永良部に来たら、コーヒータイムは「田芋餅パイ」と「和の極み」、このセットでハズレ無しです。 「田芋餅パイ」は、今回の旅で初めて購入しましたが、上品な甘さの田芋餡とパイ生地がとてもマッチしてます。 美味すぎて、滞在中は大人買いして連日食してました。 和泊の南州堂で購入出来ます。 「和の極み」は、2年前に島には無かった沖永良部産100%のものが、遂に産地の島でも購入出来る様になっていたので、コレで決まりです。 地産地消と言いたい所ですが、焙煎はおそらく島外です^_^ 和泊のお土産屋「てぃだ」、もしくは知名町の沖永良部観光協会で購入出来ます。 2回目の沖永良部旅の目的は、場所が公開されていないコーヒー農園を、クロスバイクを駆使して探し出し、「ここで作ってるのかあ」と観て楽しむ事ですが、その前のパワーチャージという事で。 割と広くてアップダウンも多いこの島で、果たして見つかるのやら。 見つけても位置情報等は絶対に公開致しませんが。 こういう宝探しの様な旅も面白い。 #沖永良部旅 #コーヒータイムでパワーチャージ #農園探す前にパワーチャージ #田芋餅パイでパワーチャージ #グルメ #旅写真 #JAC #パワー #宝探し #探し出すお宝は単なる思い出 #田芋餡は沖縄産なのでアレに注意
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる