プロフィール
ブロンズメンバー
夢幻飛行
ただ鶴丸の日航が好きという一心です #歴史探訪
獲得バッジ:14
もっと見る
アクティビティ
約2日前
発見レポに投稿しました
こちらは #イントラムロス の一角に開かれた、華僑系(現地ではチノイという)の酒造メーカーが設置している歴史博物館。 大昔に使われたサトウキビ圧搾機に始まり、醸造用設備、蒸留器具、瓶詰機、会社の経営に使われてきた品々、広告用ポスターなどが所狭しと展示されています。 【マニラ紀行⑨】 「Destileria Lim-Tua-Co」つまり「穎源酒廠」は #フィリピン を代表する酒造メーカーの一つで、海外にも出荷をしています。その歴史は古く1852年にまで遡ります。 最初は中国式の薬用酒を売っていたようですが、次第に他の酒種にも手を拡げていきました。まさしくチャイニーズ・サクセス・ストーリーを地で行く話です。 この博物館は旧醸造所を改装したもの。入場料は100ペソですが、オプションで酒類のテイスティングもできるようです🍸 その日の私は少々歩き疲れていて、アルコールを飲むと悪酔いして旅程に影響しそうに感じたので遠慮してしまったのですが、今になって後悔しています😅飲んでおけばよかった… 一番おもしろく感じたのは、歴代の酒のボトルがズラリと並んだ展示コーナー。色鮮やかで多様なデザインのラベルが興味深く、ボトルのサイズや形も実に様々です。 なんだったかな…マンゴスチンか何かだったはずですが、トロピカルフルーツを巧妙に使った酒があって、これは是非とも飲んでみたいと思わせるものでした。 あと、70年代(?)のポスターに写っているグラマーな女性が、なんと会社の重役だと知って驚きました。自ら被写体となって会社の宣伝に励むとは、立派なものです。容姿に自信があったのでしょう。実際とても美しい方でした。 全体的に古きよき時代を感じさせるレトロな雰囲気が漂っていて洒落ています。レビューによれば、マニラを訪れる観光客には非常に人気のある場所のようです。ただ、少し雑然と様々なものを並べている感じがしたので、もう一歩、何か工夫が必要かなと思いました。 ガイドは英語で解説してくれますが、若干タガログ訛りがあって聞き取りづらく感じました。英語力が伴っていれば訛りなど関係ないので、これは私の聞き取り能力不足です… ちょうど日が落ちる頃まで見学を楽しみ、イントラムロスの街路に戻りました🌇 #マニラ は刺激的で情緒豊かな街です。 #旅写真 #文化の秋 #歴史探訪
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
今年の初詣は #与論島 の #琴平神社 でした。 もう間もなく1年が経つんですね。時の流れは速いです。 #サザンクロスセンター から神社までの一帯には、かつて「与論城」の城郭があり、少し高台になっています。そのため見晴らしが大変よい場所です。現在も周囲には石垣の跡が残っていて、自由に視察することができます。 広々とした境内には、満洲開拓団に参加した英霊の方々を顕彰する慰霊碑や、本土復帰記念碑などが並んでいます。立派な日章旗が誇らしげに掲げられていました。 この神社の歴史は文政7年(1824年)にさかのぼることができるそうです。旅行や海上交通の安全を祈願して建立されました。先の戦争時に米軍の爆撃を受け、社殿が全焼しており、現在あるのは戦後に再建された建物とのこと。 重要無形文化財「与論十五夜踊り」は、ここで催される神事です。 当日の雲行きは怪しく、途中で風も出てきたので要注意な感じでした。 荒天を意味する独特な鱗雲が空いっぱいに広がり、鳥居や記念碑を撮影したときは実に不思議な空模様。 こういう天候もまた、自然の力を感じられてよいとは思いますが、さすがに旅行中に土砂降りになると移動に困るので…😅 できれば持ってほしいところです🌥 今後もJALで「いい旅」ができるよう、お祈りしてきました⛩ この後、雨が多少パラついたり風が強くなったりしましたが、極端に天候が悪化することはなく、概ね予定したとおりに行程を消化することができました。 与論島を訪問された折には、是非ご参拝の上、素晴らしい景色を楽しんでいただきたいです。 #旅写真 #文化の秋 #歴史探訪
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
#与論島 南部の小高い丘の上にある総合博物館 #サザンクロスセンター です。 小さな島ですので、この施設に公共展示の機能を集約しているようです。そのため、歴史や文化そして #自然 の各分野が余すところなく網羅され、じっくり楽しめます。予想よりも多くの展示品があり、充実していました。 まず、天候が悪くなる前に最上階の展望室から与論島と周辺の海を眺めます。かなりの高さですから見晴らしは最高。のどかに広がるサトウキビ畑や美しいビーチを見渡すことができます。 室内に意外な展示品が…JACで飛んでいた #YS-11 のプロペラ・ブレード。 この後、階下に向かって順番に廻りました。本当は下から見ていったほうがよさそう…😅 4階は作家・森瑤子さんの洒落た執筆スペース、美しい蝶や鳥などの標本を集めた展示、与論の夜空の星々、古代の人々の生活…と続きます。 3階は海洋についての展示。かなり力を入れていて、美しいサンゴや貝殻の標本などはもちろん、伝統的な漁船、漁の道具、航海用機材の展示、そして大きなウミガメの剥製もありました。やはり与論の自慢は海ですね。 そのフロアの一角に小さな美術室への入り口があり、与論で活躍してきた画家・池田政敏さんの作品展が行われていました。所狭しと並べられた色鮮やかな絵画の数々。心躍る作品が目白押しでした。大きな絵が多いので、もっと広々とした場所に余裕をもって展示したほうがいいのでしょうが、スペース的に厳しいようです。 ともかくいい絵がいっぱい。まさかこういう本格的な美術展に巡り合うとは思っていませんでした。 2階は与論の習俗文化について。農作業道具や冠婚葬祭についての紹介のほか、名物ヨロンマラソンの歴代ポスターなどもあります。 特別展として、平成29年の先帝陛下ご訪問に関する写真が飾られていました。与論の文化と自然に親しまれ、温かい表情で島の人々とご交流なさる両陛下のお姿に、感動を覚えずにはいられません。 1階に向けては緩やかな螺旋スロープになっています。 その壁面には、様々な祭り道具、コミカルなお面、独特な方言の紹介、そして与論の名物みやげなどが多数展示されています。 盛りだくさんの展示を楽しみました。いい博物館だと思います。 この後は隣接する琴平神社に参拝です。 #旅写真 #文化の秋 #歴史探訪
いいね 行ってみたい 行った
コメント
発見レポに投稿しました
今年の正月 #与論島 からの帰り、トランジット時間を利用して「ゆいレール」で訪問した #壺屋焼物博物館 です。 最初から立ち寄るつもりで旅程を組み、那覇での待ち時間を多めに設けて航空券を予約しました。羽田には最終便で戻ります。 この作戦は大成功でしたね。 細部まで作り込まれ充実した、知る人ぞ知る素晴らしい博物館です。 #壺屋 という那覇の誇る #やちむん つまり焼き物の伝統文化を受け継ぐ地域の歴史を余すところなく紹介し、陶磁器を鑑賞する愉しみを教えてくれます。 最近改装されたのでしょうか、内部が非常に洗練され、隅々まで美しく整えられていました。2階の木目の床に至っては、まるで鏡のように磨き上げられ、重厚な展示物とともに文化の薫りを醸し出しています。 係員の方々も親切。居心地自体がよい場所です。 そもそも私は、ひたすら黙って #陶磁器 を眺めることが大好きなもので、こういう博物館は本当に面白く感じます。 壺屋発祥の逸品はもちろん、交易で伝わった「向こうの陶磁器」の史料、江戸時代の職人さんの家屋を再現したコーナー、そして「やちむん」の歴史と作品制作の様子を紹介する大画面のVTRなどもあり、博物館としての完成度は非常に高いと思います。 作品の見せ方や採光の加減も、素晴らしいです。 陶磁器をメインにした展示ということで、好みは分かれるかもしれませんが、那覇・沖縄の誇る伝統文化を体感するという意味では「屈指の場所」と断言できます。相当な力を注いで管理をしていることは、隅々まで行き届いた清掃状況を見れば明らかです。お子さん向けに陶磁器や作成用の道具を触れる箇所もありました。 #那覇空港 からモノレールで30分強のところに、これほど充実した文化施設があるのです。気軽に立ち寄れますし、帰り道には国際通りで軽い夕食を楽しんでから空港に戻る手もあります。 離島を訪問し、那覇でトランジットの場合は、是非ご訪問ください。 コロナ禍のせいもあってガラガラでしたが、博物館は人が訪れてこそ維持できるものです。素晴らしい展示を心行くまで鑑賞して、文化財の保護に貢献していただけたらと思います。 今月のテーマは #文化の秋 です。 この博物館が、それに相応しい場所の一つであることは間違いないでしょう。 #旅写真 #歴史探訪
いいね 行ってみたい 行った
2 コメント
2021/11/24
発見レポに投稿しました
2021/11/24 13:27
「渚にて父と子が 秋めく夜の 東空を眺めている…」 On the beach at night, Stands a child with her father, Watching the east, the autumn sky... 「…子は父の手を握り締め 黙って見つめて泣いている いずれ何もかも 呑み込むかのごとく 垂れ込める雲を…」 ...From the beach the child holding the hand of her father, Those burial-clouds that lower victorious soon to devour all, Watching, silently weeps... この光景に出会ったとき、真っ先に思い浮かんだのがウォルト・ホイットマンの詩。 長く伸びた渚を散歩する、初老の紳士が遠くにポツンと一人。 それ以外には私だけ。他に誰もいません。 文字どおり #絶景 でした。 色その他の調整なし。実際には海と水平線がもっと鮮やかでした。 お天気がよく宝石のようにきらめく海がお好きでしょうか。 そのような景色に出会えば、確かに「運がよかった」と思えるかもしれない。 しかし、そういう気象だけで世界が成り立っているわけではありません。 #自然 の大いなる威力を感じられる、荒れ模様の海や空もまた私は好きです。 神々しいその姿を前にして、人知を超えた精神性を感じずにはいられません。人間の無力さを思い知らされます。 波打ち際に吹き寄せるのは、嵐を呼ぶ風。 間もなく日は沈み、雨に包まれるでしょう。 #旅写真 #文化の秋 #与論島 #百合ヶ浜
いいね 行ってみたい 行った
コメント
2021/11/23
発見レポに投稿しました
2021/11/23 22:57
#奄美大島 の旅、2日目です。 旅は見通しが大切。この日は出発前の予報よりも早く天気が崩れる公算でしたので、巡る場所を工夫しないといけません。 ホテルで朝食後、レンタカーを受け取り、いざ行動開始🚘 雨になっても大丈夫なところに目星をつけて訪問します。 第一号は順当に #奄美博物館 へ。 その土地の歴史に関する展示は、必ず見て記録を取るのが私の務め。 博物館に着いたときは、ご覧のとおり晴れ間も覗いていましたが、出る頃には本格的に降り出しました☔ 近代的でフラットな建物で、かなり大きく立派な作りです。ただし、展示品は余裕を持って並べる方針なのか、容積に対する展示の占有率は低め。そのため、よくある地方の博物館+αといった感じですが、歴史・文化・自然の各分野すべてを網羅しており #奄美群島 に関する知見は完璧に押さえることができます。 スペースには十分な余裕がありますので、もう一工夫すると面白くなると思います。 必然的に海と深く関わらざるを得ない #奄美 の人々の生活が、実物大の再現模型を多用して紹介されています。船舶に関しては本物そっくりに復元し、最も立派なものは吹き抜けの部分に吊るしてあります。これは見ごたえがありましたね⛵ こういう展示物の中でも、私が一番興味を持つのは、各地の伝承や神話、独特な習俗に関するコーナー。 確か3階だったと思いますが、奄美にまつわる言い伝えや妖怪などを、子供向けに分かりやすく面白おかしくまとめた布製の絵本が据え付けられていて、誰でも手に取って読むことができます。 #JALオンライントリップ でも紹介された #ケンムン については前の記事で少し書きましたが、そういう妖怪伝説に留まらず、シマの各地で語り継がれる昔話がいっぱい散りばめられていて、これが強烈に面白い😳 それほど混んでいなかったので、夢中になって読み漁ってしまいました。一部だけ写真で紹介させていただきます。 名物の一つであるウミガメさんも立派な剥製になって飾られていました。 ウミガメって本当に大きいですね🐢 その土地の歴史・文化博物館はしっかり見て、あちこち行く前に予備的な知見を持っておくと、旅は何倍も楽しめます。 景色の美しさや食の味わいも、より一層きわ立つものになることでしょう。 #文化の秋 #旅写真 #歴史探訪
いいね 行ってみたい 行った
コメント
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる