プロフィール
獲得バッジ:15
もっと見る
アクティビティ
約2日前
発見レポに投稿しました
一瞬だけバスの車窓から見えた美しい景色。運よくスマホのカメラで撮れました📷 一人旅ということもあり、今回の #久米島 旅行はレンタカーを手配しなかった(後で失敗だったと分かりました)ため、島内の移動は久米島町営の #路線バス を使いました🚌 この町営バスは、島の南部を通って主要なホテルに立ち寄りながら空港と #イーフビーチ の間を往復する「空港線」と、環状道路を通って島を廻る「一周線」の2路線で成り立っています。 「空港線」は飛行機とのコネクションに配慮していて、離着陸の時間にピッタリ合わせて運航されています。そのため、空港とホテルの行き来に使うには非常に便利といえます。海で遊ぶのを中心に旅程を考えているのであれば、移動手段はバスだけで十分に事足ります。 問題は「一周線」です。右回りと左回りがあって、それぞれ1日4本の運航です。ここぞという時間帯に運航がなく、観光地を途中下車しながら廻るには向きません。空港の観光案内所でもそう言われました。何しろ、主要な観光地と停留所は距離が離れており、結局のところ歩く羽目になります。 つまり、この路線は完全に「島民の生活の足」として機能しているのです。公民館の催しや通院、学校の登下校に合わせた運航といえるでしょう。実際に乗ってみて、多くのお年寄りが公民館や久米島病院に向かうために利用しているのを見かけました。 コロナ禍の中ということもありますし、観光客の利用には向かないと考えたほうがよいです。 バスの営業所は、イーフビーチホテルから歩いて5分もしないところにあります。小さな格納庫と留置所に、数台のバスが停まっています。カメさんをあしらった空色の車体が可愛いです🐢 ちなみにカナリア色のバスが2~3台ありますが、どれも壊れていて動いていないみたいです😅 路線バスというのは、お客さんがいないと成り立たないものですし、空港とホテルの間の移動は、是非このバスを利用しては如何でしょう。ビーチリゾートでの休暇に専念するのであれば、便利な移動手段です。 あちこち島内を散策するなら、レンタカーが必須となります。 #旅写真 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ #冬旅
いいね 行ってみたい 行った
コメント
JALトークに投稿しました
間近で見るDHC-8-Q400CC🛩
バスに乗って沖留め機に搭乗するのは、旅客機ファンにとって醍醐味の一つですね。 目の前いっぱいに広がる巨大な機体は、いつ見ても迫力満点であり、また新たに気づくことも多く、楽しみは尽きません。 このデハビランド=ボンバルディア・カナダ製DHC-8、日本国内では青も短距離線で使っていますが、琉球エアコミューターが持っている機体は「Q400CC」と呼ばれ、世界でも #RAC しか運航していない希少な特注機材です😳 機体後部が大きな貨物室になっており、離島で取れる物産や、サーフボードのような大型の手荷物を収納できるように設計されています。このような貨客混載機を航空業界では「コンビ」と呼び、一昔前はボーイング747ジャンボ機で一般的に見られた形態です(よくKLMが成田に飛ばしていました)。 その分だけ乗客の定員は削減されており、この「Q400CC」では座席数が74→50席となっています。乗り心地に変化はないはずですが、重心バランスを取るのが難しいため、たとえ上級会員でも前方座席の指定に制限が掛けられています。貨物が少ない際、どうも乗客には後ろに座ってほしいようです。頭が重いと、離陸時に機首が上げづらいのでしょうね。 こうして改めて間近で見てみると、非常にスマートで、細長い印象が強い機体であることが分かります。顔の部分はビジネスジェットのチャレンジャー機と同じ設計で精悍な感じ。 プロペラは流体力学を駆使した特殊な形状の4枚翅で、この強力なエンジンによりジェット機に準ずる高速巡航を可能にしています。ただし、プロペラタービンの独特な「キーン」という騒音が目立ち、振動もジェット機に比べると大きいです。 噂では、日本で運航されている旅客機の中で「最も操縦が難しい機種の一つ」だとか。どんな感じで飛ばしているのでしょうね🤔 以下はRACのホームページで紹介されている #DHC-8 です。 https://rac-okinawa.com/churac/q400cc/ 特に初めて搭乗する人をワクワク感いっぱいにする魅力を持った飛行機だと思います。大型ジェットでは味わえない豪快な飛行、比較的低空を飛ぶことによる窓の外の美しい景色、そしてRACのクルーならではの温かい接客が、素晴らしい旅を彩ります🏝 #旅写真 #冬旅 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
JALトークに投稿しました
那覇サクララウンジANNEX🎶
#RAC や #JTA の短距離便が集中する那覇空港。 そういった離島路線を利用するステイタス会員のために、日航はゲート28Cの脇に #サクララウンジANNEX を設けています。御存知の方も多いかと思いますが、私は今回が初めての利用。楽しみにしていました。 ホテルを早朝チェックアウトし朝食にありつけなかったため #JALカード 会員御用達の #ファミリーマート で沖縄ならではの #SPAMむすび と #トルティーヤ を買い込み、一路ラウンジへ。 扉を開けてみると、受付の女性が丁寧に迎えてくれました。思ったより広くて開放感があるので驚きました。もちろん本体のサクララウンジよりは小さくて簡易的ですが、ゆったり休めるだけの空間が整えられています。何より日の光が入る設計がありがたいです。朝の柔らかい日差しの中、のびのびと過ごせるのは快適だと思います。 飲み物は一通りのものがちゃんと備えてあり、オリオンビールと泡盛もありましたので、朝から軽く引っかけてしまいました😋 早朝のせいか、それとも穴場のせいかは分かりませんが、ラウンジは私一人で独占。ちょっと贅沢過ぎましたね。途中で一人だけ別の方が来ましたが、コーヒーを一杯飲んだらすぐに出発されたので、40分ほど一人きりで寛ぎの時間を頂きました。 係の女性はベテランの雰囲気が漂う方で、物腰が柔らかく、出発時間が近づいたことをさりげなく教えてくださるなど、とても丁寧で好感を持ちました。 「とても素晴らしい時間を過ごさせてもらってありがとう」と伝え、久米島行き飛行機へのバスに乗りました。 DPラウンジや🌸ラウンジもいいですが、もし離島便をご利用なら、こちらの小ぢんまりとした穏やかな雰囲気をお楽しみになるのもよいかと思いますよ🥰 #旅写真 #冬旅 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ
いいね! 役にたった 知らなかった
3 コメント
約3日前
JALトークに投稿しました
一番機でやってきた久米島空港
まだ真っ暗な早朝にホテルをチェックアウトし、ゆいレールで向かった那覇空港。 目的地は久米島です。 一番機は #RAC 琉球エアコミューターの #DHC-8 型機で運航です。出発までサクララウンジANNEXでゆったり寛いで軽食を取った後、バスで搭乗機まで移動しました。座席は6割以上は埋まっていたと思います。 飛行機は朝焼けの中を滑走路へ向かい、スムーズに空に舞い上がりました。やや雲が多く、あまり景色を見るには適していませんでしたが、雲間から前日まで宿泊していた渡嘉敷島が見えました🏝 この日のフライトは珍しくキャビンクルーが2名で、お若い方をベテランが指導するOJTだったようです。ベテランの女性は、さりげなく見守る形を取り、必要に応じてアドバイスをしていました。お若い方の仕事ぶりは完璧で堂々としており、一人で乗っても何ら問題ない感じでした。とてもよいサービスマインドを持っているようにお見受けしたので、きっと訓練に合格してバリバリ活躍されることでしょう🥰 #久米島 に降り立つのは2度目で、7ヵ月ぶりになります。 この空港、2,000m級の滑走路や搭乗橋などの立派な設備を持ち、季節によっては東京への直行便が運航されることもあります。まれにボーイング767が乗り入れることもあるようですが、基本はRACのDHC-8-Q400CCで、他にはJTAの737が那覇との間に1往復だけ飛んでいます。 観光案内所や土産物屋が完備し、立派な展望デッキもありますので、他の離島よりも便利で過ごしやすい空港だと思います🛫 #旅写真 #冬旅 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ
いいね! 役にたった 知らなかった
コメント
発見レポに投稿しました
紹介するかどうか迷ったのですが、今回の正月旅行の最大の目的でしたので、ここに挙げさせていただきます。 #久米島 でも最高の文化遺産の一つ #ヤジャーガマ です。 こちらは島の方々が大切に受けついてきた霊場であり、面白半分で訪れる場所ではありません。あまり手を加えられていない天然の姿を残した、全長1km程度の鍾乳洞に、昔の人々の御遺体が葬られています。 近代以前の沖縄には広く「風葬」のしきたりがありました。御遺体を火葬にせず、あえて #自然 に晒して朽ちるのを待ち、御骨を丁寧に洗って骨壺に収めるという弔い方です。昔の考え方によれば、亡くなった方を火で焼くというのは「火刑に処す」のと同じであり、大変無礼で冒涜的な行為なのだそうです。それゆえ、20世紀に入っても「火葬はやめてほしい」と希望する方が後を絶ちませんでした。 現在、風葬は法律で禁じられていますので行われていませんが、150年くらい前までの風葬の跡が、このヤジャーガマには残されています。 実は、昨年5月にトランジット時間を利用し、このヤジャーガマを一人で訪れました。ところが進入して10mくらいでコウモリに驚き、天井に頭をぶつけ、恐ろしくなって逃げ出したのです😨 今回「久米島ホタルの会」の専門家にガイドをお願いし、ちゃんとした装備を身につけて入りました。これは一生涯の大切な思い出。的確な案内のもと、貴重な歴史遺産を丹念に見る冒険は、本当に感動的で素晴らしかったです。 洞内は一応、歩けるように最低限の整備はされていますが、明かりが一切ないので強力な懐中電灯が必要。美しい鍾乳石のほか、洞窟特有の摩訶不思議な生きものが多く見られます。苦手な人はダメでしょうね…私も苦手ですが、ガイドさんと一緒なので大丈夫でした。一人だったら足がすくんで動けなくなるかも💦 ガイドさんは、洞に入る前後に「手を合わせてください」と仰いました。尤もな話です。というのも立入自由なので、肝試し感覚の不届き者が後を絶たず、大切な骨壺を破壊して中身を荒らしているのだとか。 実際にそういう状態の痛々しい御骨を数多く見て、言い知れぬ怒りを覚えました。 訪問なさるのなら、それ相応の敬意と心構えが絶対に必要です。 #旅写真 #歴史探訪 #冬旅 #旅したくなる投稿3000件チャレンジ
いいね 行ってみたい 行った
3 コメント
2022/01/13
2022/01/11
もっと見る
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる