発見レポ
2022/01/18 20:47
【復活と再生と】
冬日を浴びる日比谷松本楼と首かけイチョウです。
関東大震災、日比谷暴動事件による2度の焼失を経て、松本楼は3代目。文人墨客に愛された上品でおっとりした雰囲気が今でもそこはかとなく漂っています。
首かけイチョウは本田清六博士が自分の首にかけてもと移植をした推定樹齢400年の大木です。江戸徳川家の歴史を当初から見続けてきたであろう銀杏は、第二次世界大戦中に幹を切り詰められ、日比谷暴動事件では松本楼とともに火災に遭いました。そして見事に再生した姿を見ることができます。
東京の足元にある歴史。これも旅の1つの形かと。
#旅したくなる投稿3000件チャレンジ #冬旅
いいね 行ってみたい 行った
クリップ
47件の「いいね!」がありました。
全47件の「いいね!」がありました。
  • 47
  • 0
  • 0
コメント
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる