特集コラム
2022/12/22

JAL社員が体験レポ! 福岡県の赤村(あかむら)で過ごす自分時間

4
1982 views
クリップ

福岡空港から車で走ること1時間半の福岡県の筑豊地域東部に位置する自然豊かな赤村。
筑豊地域は昔、炭鉱が盛んだったことで有名ですが、ここ赤村は唯一鉱山がなかったこともあり、きれいな水と空気を活かして、米や野菜作りが盛んに行われてきました。村内にはローカル鉄道である平成筑豊鉄道が走り、周りにはのどかな田園風景が広がります。

今回、JALスカイ九州地域事業推進室在籍の2名が、赤村にある「源じいの森(キャンプ場・温泉)」を拠点に過ごした❝自分時間❞を皆さんにご紹介いたします。


源じいの森を体験しました!【JAL社員ご紹介】

大分県大分市出身。2021年2月から㈱JALスカイ九州地域事業推進室に在籍。現在は仕事を通じ新たな九州各地の魅力を知り、さらに九州愛が増加中。福岡県は、都会的な部分だけでなく、素敵な景色や様々な文化など、おもしろいものが多く、まだ知られていない魅惑の福岡を皆さまに知って頂き、少しでも福岡のファンを増やしたいと思っております。
小野悠紀子
 
福岡県北九州市出身。2021年4月から㈱JALスカイ九州地域事業推進室に在籍。地元が近かったこともあり、源じいの森キャンプ場には幼いころ訪れたことがありました。大人になって、食やアウトドア、地元の方々との触れ合いなど、また違った楽しさを発見することができ、ぜひ多くの方に発信できたらと思っております。
千代丸彩夏
 
※写真は撮影時のみマスクを外しております。

源じいの森ファームでサツマイモの収穫体験

源じいの森キャンプ場から車で10分程の場所に、野菜づくりや収穫体験ができる農園があると聞き、さっそく「源じいの森ファーム」に。ファームにはサツマイモ・レタス・大根・水菜など色々な野菜が栽培されており、今が旬の「サツマイモ」収穫にチャレンジしました。


サツマイモを途中で切ってしまわないように丁寧に掘り進めました。

簡単に収穫できると思いきや、意外に土の奥深くまで根が張っていて力作業に。ファームスタッフの方から収穫のコツを教えて頂き、見事に大きなサツマイモをゲット。


手にはずっしりとサツマイモの重みが!こんなに太くて立派なイモがたくさん出てくるなんて、びっくりしました

源じいの森キャンプ場で地元食材と秋の景色を堪能

畑仕事のあとには美味しいご褒美♪

採れたてのサツマイモをたくさん抱えて源じいの森キャンプ場に戻り、待ちに待ったお昼ご飯を準備します。今日のメニューは・・・「新鮮野菜とあか村牛のブロシェット(串焼き)」、「採れたて野菜の豆乳チャウダースープ」、「スキレットでつくる特製スイートポテト」です。


バーベキューは何といっても焼き加減が大事!色とりどりの野菜とボリュームのあるお肉は写真映えにもぴったりです。

この日使用した食材のほとんどが赤村産でしたが、特に野菜はどれを食べても新鮮で、本当に美味しかったです。

収穫したばかりのサツマイモを使ったスイートポテトは自然な甘みが口に広がり、ついつい食べ過ぎてしまいました。


自然に囲まれた中での食事は最高でした。

優しい味わいの「源じいの森オリジナルスパイス」

ここで皆さんにおすすめしたいのがこちらの「源じいの森オリジナルスパイス」です!源じいの森の売店、赤村特産物センターで常時販売されています。(850円/税込)

お子さまでも食べられるよう、和風だしを混ぜて優しい味わいに仕上げたこだわりのアイテムだそうで、ブロシェットにはもちろん、なんとデザートのスイートポテトにも少し振りかけると、不思議と味が馴染んでとても美味しかったです。ふるさと納税の返礼品にもなっており、ご家庭でも活躍するアイテムですので、ぜひお試しください!

「源じいの森キャンプ場」の魅力

源じいの森キャンプ場では、お客さまの層や使用人数にあわせて3種類のキャンプエリア(リバーサイドエリア・グリーンシャワーガーデン・ブッシュクラフトサイト)が用意されています。
今回は川のすぐそば、グリーンシャワーガーデンを使用させていただきましたが、目の前に広がる今川の水面に赤や黄色に色づいた葉がたくさん浮かび、幻想的な風景が澄んだ空気とあいまって、贅沢な時間を過ごすことができました。

人気のキャンプ場なので、週末はなかなか予約が取りづらいですが、皆さまぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

源じいの森キャンプ場の詳細はこちら▶

心の赴くままに!サイクリングで感じる赤村の魅力

お腹が満たされた後は、体を動かすためサイクリングへ。
なんと源じいの森では2023年2月末まで、レンタサイクルを無料で貸し出しているそう!(※台数に限りあり)
早速自転車にまたがり、風を切って赤村散策スタートです。

受験生の願掛けスポットにもなっている岩石山の「落ちない岩」

不思議なスポットがあると地元の方に伺い、最初に向かったのは「岩石山(がんじゃくさん)」です。赤村と添田町にまたがる岩石山(標高454メートル)の登山道から15分程歩くと、目の前に、岩と岩の間に挟まれて絶妙なバランスを保った巨石が!転がり落ちそうで落ちない宙ぶらりんな岩の姿から「落ちない岩」と呼ばれ、受験生の願掛けスポットになっているそう。実際目の前にすると納得、圧巻、感動を体感できました。


岩の下まで近づくとさらに迫力を感じます。岩を支えているようなポーズで写真を撮るのがおすすめです。

レトロな外観が魅力の「油須原(ゆすばる)駅」

続いて向かったのは「油須原(ゆすばる)駅」です。130年の歴史があるレトロな外観が素敵で、何だかタイムスリップしたような感じです。

駅を後にして線路沿いにペダルを漕いでいると、ちょうど平成筑豊鉄道が走ってきたので、思わず手を振ってしまいました。


平成筑豊鉄道は福岡県の直方市~田川市~行橋市を繋ぐローカル電車で、地元の方には「へいちく」という愛称で呼ばれています。

サイクリングのおすすめスポット

今回のサイクリングで見つけた一番のおすすめスポットは、表紙の写真に選んだ、まっすぐ延びる田んぼの間の一本道。周りに遮るものがなく、車もあまり通らないので田舎風景を独り占めできました。
「さっき登った岩石山はあの山かな?」「源じいの森はあの辺りかな?」など思い返しながら風景を眺めるのも楽しみの一つです。

また、大きなイチョウがきれいな「今川公園」や1617年に社殿を構えたといわれる村の守り神「我鹿(あが)八幡神社」にも道中立ち寄りました。

自転車だと、「ちょっと止まって観てみよう」という気持ちが湧いてきて、新たな発見が生まれ、普段車に乗っているときには気づけなかった、空気感や四季を感じさせる風景などを楽しむことができました。

旅の締めは温泉でリフレッシュ!

サイクリングを終え、旅の締めとして向かったのは「源じいの森 温泉」。
疲れを癒すのにぴったりなこの温泉は、赤村の方だけでなく近隣の市町村からもお客さまがいらっしゃる憩いの場になっています。
食べて、動いて、最後には温泉に浸かれるとは!健康的で充実した一日となりました。


いかがでしたか。普段パソコンに向かい仕事をしている私たちにとって、赤村で過ごした時間は最高のリフレッシュとなりました。地元の食材を味わったり、少し汗をかいてみたり、当てもなく散策してボーっとしてみたり・・・普段の生活では気づくことができない新しい魅力を発見できるかもしれません。

皆さんも赤村で、ご自身だけの「自分時間」を過ごされてみてはいかがでしょうか。

もっと赤村について知りたい!という方は、【赤村の公式PR動画】や【JALふるさと納税のご案内】もご覧ください。

赤村の公式PR動画はこちら▶
JALふるさと納税のご案内はこちら▶

79件の「いいね!」がありました。
79件の「いいね!」がありました。
4件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 仕事の関係で訪れたこともありますし、落ちない岩も今は有名ですね!アウトドア遊び大好き人間としては是非とも行ってみたいです🤩🎄⛺️🚙
    貴重な情報ありがとうございます!
  • 2022/12/26
    赤村!!まだ行ったことはないのですが、数年前に九州物産展に赤村が出店しており、スタッフの方と盛り上がってお話ししてたら、着ていた法被を「非公式アンバサダーに任命」と譲ってくださいました。今でも大切に持っています。
  • 落ちない岩!?すごく興味が湧きました!
    知らない場所が同じ九州でもたくさんありますね。是非行きたくなりました♡
  • あら、めちゃくちゃ近く。
    源じいの森の温泉も入ったことあります。
    平成鉄道のフリーパス買ったら、無料で温泉入れたので入ってました
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる