特集コラム
2019/11/11

グラスで日本茶をいただく極上体験を『JAL’s SALON』で。成田国際空港ファーストクラスラウンジで過ごす至福のひととき

19
2377 views
クリップ

2019年10月1日に、成田国際空港本館3階にJALのファーストクラスラウンジがリニューアルオープンしました!

成田国際空港には、本館3階と4階、サテライトビルにJALのファーストクラスラウンジがあります。

2019年4月にリニューアルオープンした4階のラウンジに続いて、2019年10月に、3階のファーストクラスラウンジも改修が完了しました。

JAL本社にて

今回のリニューアルでは3階のラウンジに、これまで以上の贅沢を味わえる、ある空間が加わったそう......!

商品・サービス企画本部の相原さん(左)と岡本さん(右)の2人に話を聞き、JALファーストクラスラウンジの進化した魅力に迫りました。

バースタイルのラウンジで「和の匠の味」を楽しんでもらいたい

ーー今回のラウンジのリニューアルはどのようなコンセプトで行われたのでしょうか?

相原:JALの国際線ラウンジのコンセプトは2014年の羽田空港の国際線ラウンジリニューアルから共通している「モダンジャパニーズ」で、「洗練・上質・上品」というキーワードを掲げてリニューアルを行っています。

さらに、空間全体を演出するにあたり、テーブルコーディネートにも力を入れ、食空間プロデューサーとして幅広く活躍している山本侑貴子さんに協力いただいています。山本さんよりご提案いただき、食器やカトラリーをBOXなどにいれて規則正しく配置することで、視覚的な統一感と、洗練された雰囲気を演出しました。

ーー10月にオープンする3階のファーストクラスラウンジにはどのようなスペースがあるのでしょうか?

岡本:3階ラウンジには、「ご出発前に上質な空間で時間を過ごしたい」「食事はいらないので、ゆっくりとしたい」というお客さまのために『JAL’s SALON』というバースタイルのエリアをオープンしました。

『JAL's SALON』では、「日本の匠の味」を楽しんでいただけるよう、日本茶や日本製のプレミアムウイスキー、クラフトウイスキー、クラフトジン、クラフトウォッカなどのドリンクをご用意しています。

相原:日本茶は、サスティナビリティがしっかりとした国内の良質な茶葉を*EN TEAさんに選んでいただいています。茶葉は柚子や山椒といった日本のスパイスを使用しているものもあり、海外のお客さまにも楽しんでいただけると思います。

また、日本茶と一緒に和菓子も月替わりでご用意していますので、「和」の空気をたっぷりと味わっていただきたいです!

ーー厳選された品ばかりですね!シャンパングラスでお茶を飲むのですか......?

相原:はい。モダンジャパニーズというコンセプトから、新しい試みで冷茶はシャンパングラスで提供することにしました。

BARカウンターで提供しているお飲み物のグラスは、東京都湯島にある木村硝子製、おつまみを提供しているお皿は千葉県にある菅原工芸硝子製を使用しています。

JALのファーストクラスラウンジですから、今後も日本の素敵な製品をご紹介していきたいと思っています。

旅に出かけられる前に、ぜひ『JAL’s SALON』で、思いのままにくつろいでいってください。

より”ファースト”らしいおもてなしへ。お食事はダイニング、カレーはビュッフェでお好きなだけ♪

JAL本社にて

ーー4階のファーストクラスラウンジはどういった空間になっているのでしょうか。

岡本:おもに3つのエリアに分かれています。

まず、寿司職人が目の前で握る本格的な握り寿司とはせがわ酒店さんが厳選した日本酒が楽しめる『鮨 鶴亭』です。お寿司のネタは毎週変わります。

次に、ダイニングエリアの『JAL’s Table』です。
ご好評いただいている『JAL特製ビーフカレー』などの従来のビュッフェスタイルに加え、カウンターでスタッフが取りわけるお料理や『AFURI(阿夫利)の柚子塩らーめん』、『JAL特製豚骨ラーメン』、『和御膳』などがお楽しみいただけます。
それからソファを中心としたゆっくりとくつろげるラウンジエリアがございます。

ーーそもそも、成田国際空港のファーストクラスラウンジをリニューアルしたのはなぜだったのでしょうか?

相原:2014年の羽田空港の国際線ラウンジのリニューアルより、国内線・国際線のラウンジのコンセプトを統一し、施設の改善をしていくことで「お客さまに最高のサービスを提供しよう」とプロジェクトをスタートしました。今回の成田国際空港のファーストクラスラウンジのリニューアルはその一環です。

新しく取り組んだ『鮨 鶴亭』『JAL’sTable』『JAL’sSALON』は今後、他の空港のJALのファーストクラスラウンジでも展開していく予定なので、ぜひご期待ください。

ーーお客さまのニーズとして、具体的にはどのような点で変化を感じていますか?

相原:近年、環境への配慮に関するお声をよくいただいており、ラウンジでも対応していかなくてはならないと感じています。

例えば、ラウンジでご提供する食材の廃棄を減らすことも、そのひとつです。ビュッフェスタイルは自由度があるのですが、衛生基準により決まった時間が過ぎると残りをすべて廃棄しなくてはなりません。

今回ファーストクラスの新しいサービスを考える際、何とか廃棄する量を少なくできないかと考えて導入したのが、『JAL’sTable』です。スタッフが取りわけることで、食材の提供量がコントロールでき、廃棄量をセーブすることができました。加えて、対面でお客さまにサービスすることで、ファーストクラスラウンジにふさわしい特別感を感じていただけると思います。

『JAL特製ビーフカレー』など、ご好評いただいておりますメニューは引き続きビュッフェ形式でご提供していますので、お好きなだけお召し上がりいただけます!

ファーストクラスラウンジを満喫するためのおすすめの過ごし方

ーーファーストクラスラウンジをより満喫するためにはどんな過ごし方がおすすめでしょうか?

相原:リニューアルのときに意識したのは、お客さまの気分や状況にあわせて、お過ごしいただくエリアを自由に選べるスタイルのラウンジを作ることでした。

しっかりとお食事を召し上がりたい方は4階の『鮨 鶴亭』や『JAL's Table』があるエリア、静かな空間でお出かけ前にゆっくりとお休みされたい方は4階のラウンジエリア、くつろぎつつも華やいだ特別な時間を過ごしたい方は、3階の『JAL’s SALON』がおすすめです。

ぜひご自身の、その時の気分にあわせて使っていただきたいと思います。

JAL本社にて

最上級のくつろぎと旅の楽しさを追求した成田国際空港のJALファーストクラスラウンジ、これまでとは一線を画す新しい魅力がたくさん詰まっていました。

また取材中のお話から、相原さん、岡本さんの「上質なラウンジでお出かけ前の貴重な時間を過ごしてもらいたい」という気持ちが伝わってきました。

このラウンジなら、どのシーンで利用しても充実した時間が過ごせそうです!

Discova会員の皆さんは、JALラウンジにどんなイメージをお持ちですか?
ラウンジに持つイメージや、体験談など、ぜひコメントで教えていただければ幸いです!!

89件の「いいね!」がありました。
89件の「いいね!」がありました。
19件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 私も、ビッフェの方が良かったですね。セットで出てくるとは思わず4セットもオーダーして大変なことになりました( ;´・ω・`)
  • 私も他の皆さまと同意見でした。

    4階のJAL’s tableは注文すると量が多いので頼めないなぁ、、、というのがここ4回ほどこちらのラウンジでお世話になっての感想です😱
    お寿司をいただいて🍣終了になってしまっています。
    減らすようにお願いしても結局多いので頼まない。確かに食品ロスには繋がっているのでしょうね!🧐

    3階のJAL’s salonは本当に素敵なコンセプトだと感じました。
    おつまみに使われているお皿が菅原工芸硝子sghrのものだとは!⚡️🌟⚡️わたしの先輩の会社なので個人的に嬉しいです♥️🙏
  • いつかは、訪れたいですね😆
  • シャンパングラスで冷茶をいただく✨そんな体験、してみたいです😊

    私にとってJALのラウンジはどこの国であってもくつろげる空間♪搭乗前にリラックスできるラウンジはありがたいです✨
  • ほんと憧れます😊😊
  • 度々すみません。ウィルさんのコメントのお写真にあるように、巨大でとても重い石(?)のようなお皿に盛られるんです。
    おしゃれで、映えるとは思いますが、重いし、トレーにそれしか載らないので、何度も立ち歩くことになるし、テーブルはいっぱいになっちゃうし。オバサンの目線からはちょっと難あり。

    あ、JALを愛してるからこその辛口コメントです。ご理解下さい。
  • 入ってみたい憧れのラウンジ✨

    ホテルの朝食ブッフェなど、提供時間が決まっている場合はブッフェ式も恐らく廃棄は少ないのでしょうが、空港のラウンジだと、ある程度まんべんなく置いておかなければならないでしょうから、『一定時間が経過したら廃棄』は悩ましそうです。
    かと言って、オーダー式も、量や好みの調整がなかなか難しいでしょうから、一長一短ですよね。

    私も食事の量はあまり食べられる方ではないので、『食べたいものを少しずつ』が理想です。
    そういった意をスタッフさんが汲んで頂けたらより良いなぁ、と思います。

    まぁ、行く予定は無いんですけどね😅
  • 7月に4階は利用させていただきましたが、リニューアルした3階は来年にでも予定しております。
    オーダー式ではありますが一部はセルフ式を残していただけてますし、食品ロスの軽減を考えたら私はいいことだと思ってます。朝に入った時にオーダー式のブレックファースト、お寿司、あとラーメンもとても美味しかったです。他の航空会社も一部オーダー式を取り入れてるところもありますし。7月にクアラルンプールに行く際、誕生日が近かったのですが、ラウンジスタッフさんが2人で、お祝いのノンアルカクテルとスイーツを持ってきてくださり、突然のサプライズで予想外の驚きと嬉しさで、あたふたした記憶が(笑)。楽しみにしております。
  • SALONは本当におすすめです。ザ・大人の
    空間です。

    飛行機トラベラーさんも述べておいでのように、オーダー式の「Table」はワタシもこれまで不満でした。改悪だ、と思っていました。食品ロスを少なくするためならば、スタッフが盛り付ける量を、まずは減らしてください。「少なめで」「半分で結構です」「ほんの一口」これまで何度もそうお願いしましたが、いつも一定の量を盛られてしまいます。
    度々来られる場所ではないので色々と試したいのです。ビュッフェなら好きな物を好きな量だけ取れるのに…と思っていました。

    全ての人を満足させるのは難しいと思いますが、JALのおもてなしで、より良くなっていって欲しいと思います。
  • いいなぁ✨✨✨
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる