JALトーク

💞夢を託された鶴丸の次世代超音速旅客機💞

お世話になった日本航空の皆さまです。 ありがとうございました🌸
夢は次世代超音速機に引継がれていきます。
コンコルドのような機首ですね。
可変翼が開いた状態です。
セントレア航空ファンミーティングで幻の超音速機「ボーイング 2707」の模型が展示してありましたので、ご紹介させていただきます。
特徴のある可変翼をご覧ください。
これは地元航空ファンの方が制作された力作です。

モデル名の"2707"は巡航速度がマッハ2.7であること、また成功したボーイング707にあやかって「新しい世代の707」という期待が込められたそうです。

1964年、日本航空は政府の指示によってこの機体を5機ほど発注しましたが、1971年に開発計画が中止されたため幻に終わりました。
中止の理由は環境問題と資金問題だと言われています。

JALはBoom Supersonic社が開発中の超音速旅客機「Overture(オーバーチュア)」を2020年代半ば以降に20機の購入を計画しています。
JAXAも音が静かな次世代超音速機の開発を進めています。
環境問題を克服し、大空を飛ぶ鶴丸の次世代超音速機が楽しみですね🌺

#jaltrico #日本航空 #ボーイング2707 #次世代超音速機 #セントレア航空ファンミーティング2024 #モデルプレーン #中部セントレア空港
お世話になった日本航空の皆さまです。 ありがとうございました🌸
夢は次世代超音速機に引継がれていきます。
コンコルドのような機首ですね。
可変翼が開いた状態です。
いいね! 役にたった 知らなかった
1
クリップ
61件の「いいね!」がありました。
全61件の「いいね!」がありました。
  • 61
  • 0
  • 0
コメント
1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 昔は、想像力のある素敵なチャレンジが行われていたのですね。その中でいろいろな飛行機が今のような形に統一されてきたことが分かりました。
    jasmineさんの投稿で飛行機の歴史が少しわかり、さらに興味を持つことができました。
    いいね!役にたった知らなかった
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる