JALトーク
2021/12/21 10:12

飛行機のエンジン回転方向

ゼネラル・エレクトリック GE90(B777-300ER)
プラット&ホイットニー PW1000G(A320neo)
ロールス・ロイス Trent1000(B787-9)
飛行機のエンジン回転方向は世界的には反時計回りタイプが多数を占めていますが、日本の航空会社が保有するジェット旅客機には反時計回りタイプと時計回りタイプの2種類あります。

その違いはエンジンの製造国によって生じています。日本🇯🇵や米国🇺🇸など、多くの国ではエンジンを正面から見た時、左方向に回転する反時計回りタイプを採用しております。米国🇺🇸の航空機エンジンメーカーであるゼネラル・エレクトリック(GE)社やプラット&ホイットニー(P&W)社がそれに当たります。

他方、英国製🇬🇧やロシア製🇷🇺のものは上記とは逆に、正面から見た時、右方向に回転する時計回りタイプを採用しており、英国🇬🇧の航空機エンジンメーカーであるロールス・ロイス(RR)社がそれに当たります。なお、同じGE社でもGEnxエンジンはGE社としては珍しく時計回りタイプとなっています。これはエンジン内部にある高圧圧縮機と低圧圧縮機で回転方向が逆転しているからだそうです。具体的に説明するとGEnxエンジンは2軸式、軸流式、高バイパス比ターボファンであり、10段の時計方向に回転する高圧圧縮機は2段式の高圧タービンで駆動され、1段のファンと4段の低圧圧縮機は反時計方向に回転する7段式の低圧タービンで駆動されるということです。

これはかつてのレシプロエンジン(ピストンエンジン)のプロペラ機からの伝統に倣ったものであり、それがそのまま現代に引き継がれています。

そして、反時計回りタイプが多数を占めるのはプロペラを回転させるためにエンジンを始動させる際、右利きの人が多いことから右手を使うことが多く、回転させやすかったという説もあります。

#ゼネラル・エレクトリック
#プラット・アンド・ホイットニー
#ロールス・ロイス
ゼネラル・エレクトリック GE90(B777-300ER)
プラット&ホイットニー PW1000G(A320neo)
ロールス・ロイス Trent1000(B787-9)
フライト情報
いいね! 役にたった 知らなかった
3
クリップ
43件の「いいね!」がありました。
全43件の「いいね!」がありました。
  • 41
  • 0
  • 0
コメント
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • へぇ!!
    ありがとうございます!!
    いいね!役にたった知らなかった
    • 飛行機のエンジン回転方向はそのエンジン製造国によってそれぞれの伝統と文化を感じます。

      一部例外はあるものの、大まかに言うと米国製は反時計回りタイプ、欧州製は時計回りタイプになるといったところですね。
      いいね!役にたった知らなかった
  • 航空会社が機体をメーカーから購入する際、多くのモデルではGE、P&W、RRなど、複数のエンジンメーカーから選択可能です。例えば、B787の搭載エンジンはGE社のGEnxエンジンとRR社のTrent1000エンジンの2種類あり、航空会社の任意によりどちらかを選択することが可能です。しかし、中にはエンジンを単独供給しているモデルもあり、A350がそれに当たります。A350の搭載エンジンはRR社のTrentXWBエンジンのみの単独供給となっています。

    このほか、A320などでは前述の世界3大エンジンメーカー(GE、P&W、RR)以外のインターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE)社製のものが使われています。IAE社はGE社、RR社がほぼ同じ比率で出資している国際共同会社ですが、IAE社製エンジンのファン製造を手掛けるIHI社によると、これもまた反時計回りタイプが採用されています。

    現代のジェット旅客機では双発機が主流となっていますが、両翼のエンジン回転方向が同一であるのが一般的です。これは回転方向を統一することで製造コストを削減できると同時に整備のしやすさの向上に繋がることなどが主な理由として挙げられます。

    🔴航空機エンジンメーカーの世界シェアと業界ランキング(2020年度)
    🥇GE[22.4%]
    🥈P&W(レイセオン傘下)[21.5%]
    🥉RR[20.1%]
    4️⃣ハネウェル・インターナショナル[14.7%]
    5️⃣サフラン[11.7%]

    上記の通り、GE社が世界首位となっています。GE社はワイドボディ機のエンジンに強みを持っております。B737などのナローボディ機のエンジンではGE社とフランス🇫🇷のエンジンメーカーのスネクマ社(サフラン傘下)との合弁会社であるCFMインターナショナル社が担っています。世界2位はP&Wがランクインしており、こちらもワイドボディ機に強みを持っています。世界3位はRR社がランクインしております。2014年に電力業界向けのガスタービン並びにコンプレッサー事業をドイツのシーメンス社に売却して、現在は航空機エンジンに事業を集中しています。そして、世界4位、5位はそれぞれ米国🇺🇸のハネウェル社、フランス🇫🇷のサフラン社がランクインしています。
    いいね!役にたった知らなかった
そのほかのJALトーク
3月の日航の日。もしかしたらJALが映るかも❤️
■番組名 サスティな! 関西国際空港潜入SP ■放送日時 3月25日(土) 9時55分 ■放送局 フジテレビ 関西国際空港のどこがサスティナブルなのか、驚きのバックヤードツアーで解き明かす番組です。 予告動画にピーチが映っていましたが、もしかしたらJALも映るかもしれません。 無料見逃し配信があります。 放送終了後、番組HPにアクセスなさってください😊
jasmine
約13時間前
近頃のラストラン及びラストフライト概観
民間機趣味にも関わる鉄道趣味の話、それもラスト関連のことです。 先日の民鉄・JRダイヤ改正では幾つかのラストランが見られましたが、あるものは最終列車を公表せず、あるものは定期運行終了後に引退興行ともいえるラストラン行事を実施。 場所または会社によって対応が分かれますが、これは人の集まり具合に拠るもの? その集まり具合というのを考えたら、旅客機へ近寄れるのは一般人なら搭乗券を持った客だけなので、ラスト「フライト」はじっくり楽しめることが多いと思います。 5月の777-200ERは、参加費・時間からしても、特にそうなるでしょう。 いっぽう旅客機・鉄道車両に近年共通してみられるのが旧塗装復刻。これには興味津々となりますが、列車では塗装のみ復刻でサービスは現状というのが少々、いやかなり寂しく・・・。 https://trico.jal.com/placegallery/report/215034/ ですが、3月17日(金)に定期運行ラストを迎え、これから引退興行へ入るJR北海道キハ183系は気になる存在です。 昭和61年10月12日(日)に試乗会へ当選・参加した身としては、往時の列車サービスが維持されていなくても気になるところ。 報じられているその編成でも、画像に載せた試乗会時の前2両ぶんが再現されています。 では旅客機はどうかと思い返すと、JALグループでの「ラストに因んだ塗装復刻」といえば、SWALジェット。否、あれは当該機種ラスト云々は関係無し。 思い浮かぶのはJ-AIR CRJ200・・・エンジンカウルに描かれたジャルフライトアカデミー垂直安定板がそれです!
大阪大井
約21時間前
今週末は…
プレスリリースにて発表済でご存知の方もいらっしゃると思いますが、今週末(土日)は25日と26日は東京タワーにて「ジャルシェ」開催!さらに土曜日は毎月25日“日航の日”も✈️ 今週末も内容の濃い週となりそうです(^o^;) #25日は羽田へ行くつもり #お見送り見れるかな #ジャルシェ #東京タワー #毎月25日 #日航の日 #推し活 #春の便り #桜前線 #LOVE赤 #旅まとめ #jaltrico #旅写真 #ふるさと応援隊
T.Shibata
約1日前
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる