特集コラム
2020/04/08

【仕事の舞台裏】JAL運航乗務員の1日に密着!出社からフライトまで何してる?

14
1053 views
クリップ

飛行機を操縦し、お客さまを目的地まで安全に運ぶ運航乗務員。「パイロット」という呼び名の方が馴染みがあるかもしれませんね!

以前実施した「JALのお仕事の舞台裏を知るならどの職種がいい?」の投票でも、たくさんの方が興味を持ってくださっていることがわかりました。

そこで今回は、ボーイング777の機長を務めている日隈(ひのくま)さんを取材し、皆さんが気になる仕事にまつわるあんなこと、こんなことを聞いてみました♪

JAL社員が使う専門用語の解説やフライトバックの中身など、他では知りえない運航乗務員の仕事の裏側を一挙大公開!

ショウアップ?ゴーショウ?航空業界の専門用語

shizuma

やはり憧れの職種ですし、どんなフライトでも判断力が必要となる場面が有ると思います、そんな裏話が聞けると嬉しいです、そしてフライト前後の時間に何をやってるのかも興味深いです。

ーー普段はフライトのどれくらい前に出社していますか?

日隈:国内線に乗務する日は、運航予定便の出発時刻の約1時間30分前、ヨーロッパ路線などフライト距離が長い場合は1時間50分前くらいに出社し準備を始めます。まずは制服に着替え、アルコールチェックを行い、航空図などの改訂版を確認したらショウアップ(出社)です。

その後、ブリーフィングルームに移動してブリーフィング(打ち合わせ)を行います。

ーーブリーフィングではどんなことを話すのですか?

日隈:オフィスで行うブリーフィングは、国内線だと機長と副操縦士の2人で行います。専用システムを見ながら天候や飛行ルート、高度などを確認し、その日のフライトの流れや方針、注意点などを共有します。

さらにお客さまのご搭乗前に、機内で客室乗務員と合同のブリーフィングを行います。こちらからは、フライトの概要を説明し、客室乗務員からは、ご搭乗されるお客さまの情報やサービス方針を共有してもらいます。

ーー先ほど「ショウアップ」(出社)という聞き慣れない単語が出てきました。業界用語でしょうか?

日隈:そうですね(笑)。ほかにもいろいろとあって、業務上よく使うのは、チャート(航空図)、レグ(フライト)あたりですね。

空港を3つのアルファベットで表したスリーレターコードで呼ぶのも、航空業界の特徴かと思います。たとえば関西国際空港はKIX(キックス)、ロサンゼルス国際空港はLAX(ラックス)と呼んでいます。

また、予約をお持ちでないお客さまが、空港でその日に搭乗する便の予約、発券をされることをゴーショウ(Go Show)、予約はお持ちなのですが、当日空港にいらっしゃらないことをノーショウ(No Show)と言うのですがこれは普段から使っています。「ゴーショウだけどあの人気店に行ってみようか」なんてね(笑)。

制服に隠された秘密。フライトバックの中身も公開!

ーーパイロットの制服で気に入っているポイントはありますか?

日隈:着るだけで"5割増し"になるところです(笑)というのは冗談ですが、制服を着るうえで意識しているのは、袖に折り目をつけてピシッとアイロンをかけること。これは先輩からのアドバイスで、訓練生時代からやっています。制服を着ると一瞬で気が引き締まりますね。

制服の肩部分についている金色のラインは、4本が機長、3本が副操縦士であることを示しています。

もうひとつ、機長の帽子にだけ月桂樹の刺繍がつくという違いもあります。

ーーフライトの際に必ず持っていくアイテムを教えてください!

日隈:社員証、ライセンス、パスポート、ビザは必須です。ライセンスやパスポートは有効期限が切れていないか、携帯しているかを毎回ブリーフィング時に一緒に乗務するパイロットと相互確認します。

ほかにはサングラス、手袋、行先別の財布、フライトログブック、iPadなどがありますね。以前はフライトバックに紙のチャートをたくさん入れていましたが、今はほとんどiPadで情報を確認できるので必携です。これらすべて、忘れものがないようにチェックリストを見ながら準備しています。

あとは、空港でお会いするお子さまに配るために、フライトバックのポケットには数種類のシールを入れていますね。

フライトの楽しみは、操縦室からのすばらしい眺め!

ーー飛行中は機長と副操縦士でどんな会話をしているのですか?

日隈:国内線の場合は飛行時間が短いため、離陸してすぐに着陸のことを話します。フライト距離が長い場合は雲をどちらに避けるか、高度を上げるか下げるかなど、2人でお客さまにとってより快適な経路を考えながら操縦しています。

飛行が安定し自動操縦に切り替えてからは、モニターを見ながらですが「目的地についたら何を食べようか」なんて話をすることもありますよ。

ーーフライトの際に、楽しみにしていることはありますか?

日隈:操縦席からの眺めですね。なかでもわたしは朝日が昇るのを見るのが好きです。地上の2倍くらいの速さで、すーっとのぼっていくんですよ。普段は見られない景色だからこそ、感動しますね。

オーロラの美しさも格別です。見えたら客室乗務員に必ず伝えるようにしています。先日、隣同士の席になったお客さまが2人でワインを注文し、オーロラを見ながら乾杯されたというお話を伺いました。すばらしい景色はコミュニケーションも生み出すのだと思い、とても心温まるお話でした。

ーー運航乗務員になってから、搭乗者として飛行機に乗るときについチェックしてしまうことはありますか?

日隈:機長のアナウンスです!他の運航乗務員がどんな話をしているかを聞いて、参考にすることもあります。わたしは景色のことや季節に合ったお話をさせていただくことが多いです。12月でしたら、「サンタさんにぶつからないように飛行しております」とか「上空で赤と青の光を見つけたら飛行機、赤い光が1つだったらサンタさんです」とか(笑)。とくにお子さまに喜んでいただけますね。

ほんの一部ではありますが、今回は運航乗務員のお仕事の裏側をご紹介いたしました。次回は、「ディスパッチャー」の仕事の裏側をご紹介する予定です。

今後も別の企画で、運航乗務員にお話を聞く機会があるかもしれません。聞いてみたいことがあったら、ぜひコメント欄に投稿してくださいね♪

136件の「いいね!」がありました。
136件の「いいね!」がありました。
14件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 2020/04/19
     一気に読んでしまいました(*^^*)
     わかりやすくて、キャプテンの笑顔もステキで、良かったです(*^^*)
  • 普段の様子が伝わってくる、素敵なインタビューでした。
    また気軽に搭乗できる日が来ることを楽しみに、今はおうちから飛行機や旅の情報を楽しみます✈︎
  • あー読んでいて楽しかった。
    もっともっといろいろお聞きしたい。
  • 2020/04/16
    このような話が利けて見聞が広がります。
    これからも楽しみに待ってます‼️
  • ぜひその場で、お決まりではなくユーモアある楽しいキャプテンアナウンス聞いてみたいです!いまは、なかなか飛ぶこともできなくて空港にも行けないですが、落ち着いたら早く乗りたいです!
    キャプテンその際はよろしくお願い致します😆
  • 今でも、機長と副操縦士は別の食事なのでしょうか?
  • 素敵な記事、ありがとうございました。
    空港でパイロットさんに出会うとかっこよすぎて見惚れてしまいます笑
    ゴーショウ、ノーショウ。わたしも真似してゴーショウ普段使いで使ってしまいそうです笑 そして機内でのパイロットさんのアナウンスいつも楽しみにししています😊😊✈️
  • 素敵なお話ありがとうございます!
    私も飛行機に乗るときはパイロットさんの機内アナウンスに注目してます。
    個性が出ていいですよね。

    最近は余りプラスαのお話が聞けなくて残念なこともちらほら。

    それでもこれからも楽しみに乗りたいと思います!
  • 内容も話題もいい話でしたね。
    赤が見えたらサンタさんだから逃げます。これもNAVライトの理にかなっていていいですね!嘘じゃない!
    左舷に赤のライトがついているので右に見えたら対向機、赤だけ見えたら左に進んでいる機体です。右に逃げるんですよね!
  • 搭乗時に運航乗務員さんからお手振りされるととても嬉しく私も思わず振り返します😊👋
    いつも安全運航ありがとうございます!🛫✨
投稿の報告
「JALの旅コミュニティ trico」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる